ヤクルト山田哲人8回起死回生の同点3ラン!「みんなの気持ちが後押し」

ヤクルト山田哲人8回起死回生の同点3ラン!「みんなの気持ちが後押し」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス 8回裏ヤクルト無死一、二塁、左越えに同点3点本塁打を放つ山田。投手ヒギンス(撮影・江口和貴)

<日本シリーズ:ヤクルト-オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

ヤクルト山田哲人内野手(29)が、試合を振り出しに戻す3ランを放った。

2-5で迎えた8回無死一、二塁、カウント3-1からオリックス・ヒギンズの5球目低めチェンジアップを完璧にとらえ、左翼スタンド上段まで運んだ。打った瞬間にベンチから選手たちが飛び出し、山田はガッツポーズでダイヤモンドを一周。高津監督も両手を突き上げた。

スタンドでは、涙ぐむヤクルトファンもいた。

日本シリーズでは第1戦で1安打を放ったが2、3戦目は無安打。打率は一時0割8分3厘まで落ちていたが、15年の日本シリーズソフトバンク戦で3打席連発している主将が、ここぞの場面で勝負強さを発揮した。「3点差ありましたが、チーム誰1人あきらめず何とかしようという気持ちがありましたし、そのみんなの気持ちが後押ししてくれました。最高の結果になりましたが、まだ、同点なので最後まで攻める気持ちでいきます」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加