Apple、全スマートフォンメーカーの合計利益の75%を獲得~2021Q2

Apple、全スマートフォンメーカーの合計利益の75%を獲得~2021Q2

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/10/15
No image

Appleは以前からスマートフォンメーカーのなかでは圧倒的に利益率が高いことで知られていますが、2021年第2四半期(4月~6月)においてもそれは変わらないようです。

Appleが2021年第2四半期にiPhoneによって得た利益は、全スマートフォンメーカーの合計利益の75%を占めました。

台数シェアは13%なのに利益シェアは75%のApple

調査会社のCounterpointによると、2021年第2四半期におけるiPhoneの台数シェアは13%で3位に過ぎませんでしたが、売上高のシェアは40%、利益シェアは75%と、他メーカーを大きく引き離して首位の座を獲得しました。

No image

これは過去最高だった2020年第4四半期(10月~12月)の売上高シェア50%、収益シェア86%から比べると低いですが、依然としてiPhone12シリーズが好調であることを示しています。

Appleはハードウェアとソフトウェアの両方を大きくコントロールしていることから、Mac、iPad、iPhoneといったデバイスの相互運用性が高いのが特徴です。

このため、ほかの製品に移行せずに留まるユーザーが多く、端末にプレミアム価格を設定し高い営業利益率を維持することができるとCounterpointは考えています。

また、最近では音楽、動画、ニュース、ストレージといったサービスにおいてもユーザーを惹きつけて放さない魅力が高まっているとのことです。

iPhone13シリーズは発売から時間がたっても依然としてリードタイムが長いと伝えられており、販売が好調だと考えられ、2021年第3四半期以降もほかを引き離す売上高と利益を維持できそうです。

台数シェアは2位になったものの利益率が低いXiaomi

一方、台数シェアでAppleを抜いて2位となったXiaomiは、利益率の面では好調ではありません。

これは、Xiaomiがここ数年、出荷台数に注力して利益を犠牲にしてきたためです。

しかしながら、2021年には平均販売価格(ASP)の高いスマートフォンを販売し始めたことで、2019年上半期以来、初めて営業利益が顕著にプラスになっており、変化の兆しが見え始めています。

出荷台数が首位のSamsungは、他のAndroidスマートフォンメーカーに比べると安定した利益を出しているといえます。

それでも、Appleと売上高で25%ポイント、利益では62%ポイントもの差があり、いかにAppleの売上高と利益を生み出す力が強いかがわかります。

Source:Counterpoint
(ハウザー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加