中条あやみ「全ての方にエールを」ERカーから“満面の笑み”で『TOKYO MER』最終回に感謝

中条あやみ「全ての方にエールを」ERカーから“満面の笑み”で『TOKYO MER』最終回に感謝

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/09/15
No image

中条あやみが自身のInstagramを更新した  ※2019年ザテレビジョン撮影

中条あやみが9月13日、自身の公式Instagramを更新。12日に最終回を迎えたドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)を振り返り、感謝や思いを明かした。

【写真を見る】“ERカーの運転手さん”こと佐野勇斗が撮影した、満面の笑みの中条あやみ

同ドラマは、命を救うために奮闘する勇猛果敢な救命救急チームMERの活躍を描いたもの。鈴木亮平演じるMERのチームのリーダーでスーパー救命救急医・喜多見幸太を主人公に、中条あやみは心臓外科医を目指す研修医・弦巻比奈を熱演した。

この日、中条は「最後までMERを見届けてくださりありがとうございました」と切り出し、慣れない医療用語や大変な撮影だったことを振り返りつつ、「温かいキャストの皆さま、スタッフの皆さまに支えて頂きながらみんなでゴールできました」と感謝をつづった。

また「私も医療従事者や日々闘っている皆さまのように、強くなって誰かを守れるような逞しい人間になりたいと改めて感じました 全ての方にエールを」と思いを明かし、「photo by ERカーの運転手さん」と共演の佐野勇斗が撮影した、大きな“ERカー”の運転席で満面の笑みを浮かべる自身の写真を披露した。

この投稿に対し、9月15日昼4時の時点で16万もの「いいね!」が寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加