二松学舎大附vs駒大高

二松学舎大附vs駒大高

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2021/04/06

スカウト要注目の大江二世・秋山正雲の長所と課題は?投球内容を分析

No image

先発・秋山正雲(二松学舎大附)

二松学舎大附駒大高の一戦。6対1で二松学舎大附が勝利し、3回戦進出。シード権を獲得した。

江戸川区球場に多数のスカウトがこの投手にスピードガンを向けていた。それが二松学舎大附秋山 正雲である。

ユニフォームの着こなし、シルエット、オーバースロー時代の大江 竜聖(巨人)を思い出させる投手。170センチ75キロとがっちりした体型となっており、インステップ気味の踏み出しから大きく振り下ろすフォームから繰り出す直球は昨年と比べると球威が増している。

この試合では常時130キロ~130キロ後半(最速140キロ)を計測。

駒大高打線は直球に標準を合わせて練習をしてきた。マシン、近距離で全力投球をしてきたものをうちこむ。それでも3番程原 裕太は「伸びをすごく感じた」と秋山のストレートをそう評する。

秋山の強みは、右打者、左打者問わず内角につくことができること。左打者へ力強いストレートを投げ込んでおり、「内角を投げることは苦にしていない」と語る。あず

ただ、ここまでのストロングポイントは昨夏、昨秋にかけても発揮していたポイントだ。本人も課題として語っていたのは変化球の精度。この試合では110キロ前後のスライダー、110キロ前後のチェンジアップ、100キロ台を割るカーブ。高校生左腕としてはトップレベルの球威はあるが、ドラフト候補としてみると、突出したものではなく、角度もあるわけではない。

そして変化球も、これは打てないと思わせる鋭い変化球ではない。

このタイプだと明確に決め球といえる変化球が必要となる。秋山は「チェンジアップはうまく落とせて内野ゴロにすることができていたのですが、スライダーが全然だめでした」と反省の弁。

そのため秋山は直球中心の投球で駒大高打線をねじ伏せた。直球を打つことに主眼をおいていた打線に対し、ストレートで打ち取れる秋山の非凡さがうかがえる。

9回を投げて、141球、被安打6、7奪三振、1失点と文句なしの好投。それでも満足しないのは、高いレベルを求めている証拠だ。課題とする変化球の精度が増せば、もっと少ない球数で投げ終えることができるだろう。

大江にあこがれを持つ秋山。タイプ的にはオーバースロー時代の大江や田口 麗斗に似た投手だろう。どこまで本格化するか楽しみな存在だ。

まず秋山に絞ってレポートをさせてもらったが、この試合、3回表に先制本塁打を放った二松学舎大附永見 恵多はこの冬にかけて長打力が伸びてきた選手。しっかりとトップをとって、全身を使ってフルスイングを行っていく選手だ。

駒大高も収穫はあった、先発の林大智も6回まで2失点の力投。右オーバーから繰り出す直球は常時120キロから125キロ程度だが、ストレートに角度があり、110キロ前後を右打者の外角だけではなく、内角に投げるバックドアスライダーも投げていた。二松学舎大附打線はタイミングが狂わされ、ボール球に手を出す場面もあった。

2失点を喫したが、2番手の安達 元太(3年)は183センチ87キロと恵まれた体格をした大型右腕。なかなかの力投派で、勢いのある130キロ前後の速球は威力があり、制球力にまだ不安はあるが、夏までには135キロ以上を投げる可能性を持った投手だ。

9回途中に登板した竹内 和将も173センチ69キロと細身だが、鋭い腕の振りから120キロ後半の速球を投げ込む好き右腕だ。

この試合、1失策にとどまったように、終盤まで安定した守備を見せた駒大高。秋は市川 祐(関東一)、そして春では秋山。東京都を代表する両投手と対戦出来た経験を生かせば、やはり夏は怖いチームとなりそうだ。

(記事:河嶋 宗一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加