一瞬で育ちが悪い女認定される......デート中に絶対言ってはいけないNG言動3選

一瞬で育ちが悪い女認定される......デート中に絶対言ってはいけないNG言動3選

  • fuelle
  • 更新日:2022/05/14

デート中の言動次第で、相手に育ちが悪い女と認定されている可能性もあります。育ちが悪い女と思われてしまうと、印象が悪くなってしまうどころか、一気に冷められてしまう可能性も!今回は、デート中に絶対言ってはいけないNG言動を3つご紹介します。

■「マジで?」「うまい」といった汚い言葉遣い

言葉遣いには育ちが反映されるもの。汚い言葉遣いをしていては、どんなにおしゃれをしていてもがっかりされてしまうでしょう。「マジで?」「ヤバい」「うまい」といった言葉がクセになっていると、会話の中でつい使ってしまうこともあります。

日頃から使わないように意識しないと、デート中も口にしてしまうかもしれません。聞いていて気持ちの良い丁寧な言葉遣いを、普段から心がける必要があります。

■「それいくら?」「高くない?」とすぐにお金のことを聞く

物やサービスの値段のことを気にする、無料やお得という言葉にすぐ飛びつくといった言動は、育ちが悪いという印象を与えます。お金がないよりあった方がいいという考え自体は悪いことではありませんが、お金に対する執着を見せてしまうのはやめましょう。

堅実とケチの違いは、周りの人を不快にさせないかどうか。また、デート中に彼の収入や貯蓄に関する質問をするのも、信頼関係が築けてない間は避けておいた方が賢明です。

■「ここ前に来たことある」といった無神経発言

「ここ前に来たことある」などといった相手に配慮のない発言は、品のなさにもつながります。デートの計画を立てたにもかかわらずこんな言葉をかけられると、ケチをつけられたように感じイラッとしてしまう人も少なくないはず。

無神経な発言の内容によっては、その日のデートを台無しにすることもあるかもしれません。リードしてくれたことに対し感謝の気持ちを忘れず、相手を考えた発言を心がけるようにしてください。

■品の良さを印象づけるような言動を!

品の良い人だなと思ってもらうことが、デート成功の近道です。デートのときだけ頑張っても、とっさの言動に品の良し悪しが見えるもの。普段の言動から品の良さを意識しておくことが大切です。

文・佐々木佐奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加