西武・内海が今季初白星「とにかく粘り強く、粘り強く投げようと」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/06/11

◆ 5回3失点の粘投で本拠地での初白星

西武の内海哲也投手が10日、本拠地メットライフドームで行われたDeNA戦に先発登板し、5回3失点という内容で降板。味方打線の援護やバックの好守、リリーフ陣にも助けられ、今季初白星を手にした。

内海は初回、一死後に連打を浴びて一、三塁のピンチを背負うと、4番・宮﨑敏郎を浅い右飛に仕留めたが、続く5番・ソトを追い込みながらレフト前に運ばれて先制を許した。しかし、その裏に岸潤一郎の先頭打者弾で試合を振り出しに戻すと、2回には女房役の柘植世那が「内海さんのために」と、中越えの適時打を放ち加点。さらに岸も「何とかもう1点取ろう」と適時打で続き、内海を援護した。

3回には制球の定まらないDeNAの坂本裕哉から3四死球で満塁とし、柘植が押し出し四球を選び、リードを3点とした。その後、4回表に無死一塁から牧秀悟に2ランを許して1点差に迫られたが、その裏に4番・栗山巧が二死二塁から適時打を放って再びDeNAを突き放した。

内海は勝利投手の権利がかかった6回、先頭の伊藤光に8球粘られ、この試合初めての四球を献上。続く佐野恵太は痛烈な一ゴロで一死二塁、何とか内海に勝ち星をつけたいと考えていた辻発彦監督も、ここで打たれたら「ソトのところで変えようと思っていた」という宮﨑を捕邪飛に仕留め、二死に漕ぎ着けた。ソトにはレフトへ大きな飛球を打たれヒヤリとしたが、フェンスの手前で左翼手・岸が捕球し、内海はこの回限りでお役御免に。

その後の4回を宮川哲、十亀剣、武隈祥太、ギャレット、平良海馬の継投で逃げ切り、西武が5−3で勝利。降板後、内海は「DeNA打線はよく打つのは分かっていたので、とにかく粘り強く、粘り強く投げようと思っていました。粘っていれば味方打線が打ってくれると思っていたので、今日は何とか粘れてよかったです」と振り返り、試合後には「もっと長く投げないといけないんですけど、本当に助けてもらいました」と反省の弁を述べつつ、チームメイトに感謝した。

また、移籍後初となる本拠地での白星には「3年もかかってしまったんですけど、早くこの球場で勝ちたかったので本当嬉しいです」と笑顔を見せ、「今日よりももっといいピッチングができるように調整していきます」と、さらなる活躍を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加