JO1の展覧会は“思わずグッとくる”空間に メンバーの努力を感じる“衣装展示”は必見

JO1の展覧会は“思わずグッとくる”空間に メンバーの努力を感じる“衣装展示”は必見

  • クランクイン!トレンド
  • 更新日:2022/01/15
No image

JO1の軌跡を感じる! 「JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo」見どころレポ<画像をもっとみる>

JO1過去最大となる展覧会「JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo」が、1月25日(火)まで、東京ドームシティ内にあるGallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催中です。今回クランクイン!トレンドでは、1月8日(土)に一部入れ替えされた内容を含む展示の模様をレポート! 新しく展示されたメンバーの衣装や“アートなJO1”が広がる空間をご紹介します。(取材・文=河内香奈子)

【写真】初の有観客ライブ“OTD”の衣装も! JO1の歴代衣装がかっこよすぎる

■JO1のウェルカムゲートがはじまりを演出!

本展は、“未完成”がテーマの展覧会。2019年12月に社会現象を起こした日本最大級のオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で、視聴者である“国民プロデューサー”によって約6000人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)のグループ結成から現在まで、世界のトップを目指す彼らの歩みを過去の衣装や写真とともに振り返ることができます。

大きく4つのエリアに分けて展示が行われる本展。まずエントランスから会場に足を踏み入れると、「J」「O」「1」の文字で作られたウェルカムゲートがお出迎え! 周囲の壁には、黒いパズルのピースを組み合わせたような壁紙が張られており、中には赤や青、黄色などメンバーカラーのピースもバラバラと配置されています。

「J」「O」「1」の文字に向けて少しずつピースが集まり始める光景は、オーディションで結成されたJO1の始まりを思い出すとともに、本展のテーマである“未完成”をイメージしているかのよう。この先に果たしてどんな光景が待ち受けるのか…ドキドキ感が高まりつつも、次のエリアへと進みましょう。

■JO1の歴史を感じる衣装展示が一新

ウェルカムゲートをくぐると次なるエリア“HISTORY(ヒストリー)”に到着。こちらは文字通りJO1のこれまでの歩みを振り返る展示コーナーで、過去にリリースした楽曲や出演したイベント、ライブが一覧で表示されています。

注目はJO1がこれまで着用してきた衣装たち! 1月8日(土)から衣装の展示内容が変更されており、川尻、川西、大平は、1stアルバム『The STAR』、鶴房、白岩、佐藤は、2021年初の配信ライブ「JO1 Live Streaming Concert STARLIGHT:DELUXE」、河野、金城、木全は、アジア最大級の音楽授賞式「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」、豆原、與那城は、デビュー後初となる有観客ライブ「2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”」で着用した衣装がそれぞれ展示されています。

実際にメンバーが着用していた衣装を間近で見られるのはとても貴重な機会。衣装の作りそのものを楽しめるのはもちろん、メンバー同士で異なる衣装のデザイン、サイズ感の違いを見比べることができるのも醍醐味(だいごみ)です。

そして何より衣装や靴にある擦れが、メンバーがどれだけ懸命に歌い踊ってきたのかを物語っていました。デビュー後、JAM(ファンの名称)の前でライブを披露できるまでに約2年の歳月を要したJO1。会えない間も無限大の輝きを放ち続けてくれたからこそ、こうした展示でその努力や歩みを感じられるのだと、思わず思いをはせてしまうコーナーでした。

■これまでとは違う“アートなJO1”

続いては本展の目玉である“ART(アート)”エリアへ。こちらは本展のために撮り下ろされたアートメイク写真の数々が展示されています。

中でもアートなJO1の全身カットがプリントされたファブリックが並ぶ光景は圧巻。筆者の身長(161cm)よりも大きなファブリックなので、横に並んでその大きさを感じたり、いつもとは違うメイクや衣装をじっくり眺めたりと、思い思いにアートを満喫できます。

また、真っ黒な壁にアートメイクを施したJO1のボードが展示されたコーナーも。ブラックの背景にライティングされたボードが浮かぶ姿は、なんとも幻想的で、大人なJO1の一面を満喫できる仕上がりになっていました。

■JAMの手で完成させる展示コーナーが素敵

そしていよいよ、本展の最終エリアである“JO1 AND ME”に到着。こちらには、JAMの手で作り上げる参加型展示があり、ボードの上にキラキラ輝くステッカーを貼ることで、「JO1&JAM」の文字が立体的に浮き上がるアートを完成へと導きます。

せっかくなので1枚貼らせていただいたのですが、すでにボードの上はステッカーでいっぱいになっており、「JO1&JAM」の文字がこれでもかと存在感を放っていました。見る角度によって虹色に輝くボードは美しく、まさにJAMと一心同体でこれまでの道のりを歩んできたJO1ならではの展示であり、そしてJAMからのJO1へのプレゼントでもあるように感じられました。

ちなみに参加型アートの横には、JO1のサインも展示。本展の開催当初はメンバー10人(豆原、川尻、川西、大平、鶴房、白岩、佐藤、木全、河野、與那城)のサインのみだったそうですが、現在は活動をお休みしている金城のサインも追加されています。最後にうれしい光景を見ることができ、満足感たっぷりに会場を後にすることができました。

■ドームシティとのコラボも見逃せない!

そして、コラボフード&ドリンクを楽しめることも本展の見どころの一つ! 今回は会場からすぐの場所にある「HOT DOG STAND」で販売されている、「豆原一成のサルサドッグ」&「佐藤景瑚のキャラメルラテ」を実食しました。

「豆原一成のサルサドッグ」はピリっとしたほどよい辛さが、ジューシーなソーセージと相性抜群! 一方、「佐藤景瑚のキャラメルラテ」はクリームとキャラメルの甘さが絶妙にマッチしていて、最後まで飽きずに楽しめる甘さでした。辛いものor甘いものが苦手な人は、この2つをセットにすれば、ちょうど良い塩梅で楽しめそうです。

また本展の開催を記念して、隣接する東京ドームシティ アトラクションズでのコラボ企画も開催中。JO1のメンバーにまつわるクイズラリーを楽しめるほか、特別ラッピングされた観覧車「ビッグ・オー」ではゴンドラ内でメンバー11人の撮り下ろしボイスを聞きながらARを見ることができ、ここでしか手に入らない特別ノベルティもゲット可能です。

さらに、園内ではJO1の楽曲がBGMとして流れ、メンバー撮り下ろしボイスが聞けるなど、ファンにはたまらないコラボイベントとなっています。

【「JO1 EXHIBITION in Gallery AaMo」概要】
日程:2021年12月25日(土)~1月25日(火) ※開催期間中無休、全日整理番号・日時指定制
時間:13時00分~20時00分 平日/11時00分~19時00分 土・日・祝日 ※入場は各入場枠終了20分前まで
場所:Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)

クランクイン!トレンド

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加