楽天小深田が大暴れ 優勝へCSへ新人王へ切り込む

楽天小深田が大暴れ 優勝へCSへ新人王へ切り込む

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

ロッテ対楽天 2回表楽天2死満塁、小深田は右越え適時二塁打を放つ(撮影・鈴木正人)

<ロッテ0-6楽天>◇15日◇ZOZOマリン

楽天のドラフト1位小深田大翔内野手(25)が、新人王へ猛スパートだ。ロッテ戦で先制の適時二塁打を含む2安打2打点1得点1盗塁と持ち味をいかんなく発揮。負ければ自力でのCS出場が消滅するピンチに、チームを勝利に導いた。16日からの首位ソフトバンク戦でも切り込み隊長として大暴れする。

◇   ◇   ◇

2回に先制できていなければ、試合は違う展開になっていたかもしれない。楽天は安打と犠打野選で無死満塁の好機をつくったものの、和田と下妻が倒れて2アウト。満塁で1番小深田に打席が回ってきた。

「序盤で点を取りたかったので、何でもいいので塁に出てやろうと必死で食らいつきました」。1ボールから、真ん中高め139キロ直球を空振り。左腕小島のボールに差し込まれてる感じもあったが、続く3球目に本領を発揮。内寄りベルト付近に来た139キロ真っすぐにうまく体を回転させ、右翼線へはじき返した。

小深田は7回にも小島の外寄りのボールに逆らわず、中堅左へクリーンヒット。3番浅村の時に今季15個目の盗塁も決めた。この日で6戦連続安打。しかも6戦すべてで複数回出塁し、切り込み隊長としての役割も十分に果たしている。「ボールもよく見えていますし、打撃の状態もいいです」というドラフト1位がこのままの状態を維持できれば、西武平良やロッテ安田らライバルを抑えての新人王が近づいてくる。

守備面でも、故障の茂木に代わり、遊撃のレギュラーとして毎試合全力でプレーする。並のルーキーにはできないことだ。あとは送球時にボールをリリースする速さを追い求めるあまり、コントロールが不安定になってしまうことがなくなれば言うことなしだ。

16日からは首位ソフトバンクとの決戦を迎える。三木監督は「また明日の試合から、1戦1戦変わらず戦っていく。また場所と相手も変わりますので、全力で戦っていきます」と決意を込めた。強敵を撃破するためには「1番遊撃・小深田」の活躍は必要不可欠だ。【千葉修宏】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加