「ケンゾー」 アーティスティックディレクターにNIGO就任

「ケンゾー」 アーティスティックディレクターにNIGO就任

  • 繊研plus
  • 更新日:2021/09/15

LVMHファッショングループのチェアマン兼CEO(最高経営責任者)およびLVMHエグゼクティブコミッティのメンバーでもあるシドニー・トレダノは、9月20日付で「ケンゾー」のアーティスティックディレクターにNIGO氏を任命することを明らかにした。

トレダノCEOは、「彼の想像性とイノベーション、そしてブランドの歴史に対する想いは、今後のケンゾーのポテンシャルを最大限にしてくれると確信しています」と語った。

NIGO氏は、ケンゾーのパリにおける1号店がオープンした年に生まれた。髙田賢三氏と同じ文化服装学院を卒業し、ケンゾーがLVMHグループに加わった年にキャリアをスタートするなど、氏との共通項に触れ、「賢三さんがオリジナリティを創造するアプローチの仕方は多様な文化の理解に基づいています。それは私のクリエイション哲学の本質でもあります。賢三さんのクラフツマンシップのスピリットを継承し、新たなケンゾーを築いていく事は私の30年のキャリアの中でも最大のチャレンジでもありますし、チームと共に成し遂げていきたいと思っています」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加