犬の超危険な『いびき』3選!こんな症状が出ていたら病院へ...!

犬の超危険な『いびき』3選!こんな症状が出ていたら病院へ...!

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2020/11/23
No image

こんないびきは要注意!犬の超危険ないびきとは?

No image

愛犬がグーグーといびきをかいて寝ている姿を見ると、「熟睡できているんだな」とどこか安心しますよね。しかし、中には「なんだかちょっとおかしい…」と違和感を感じるいびきも…。もしかすると、そのいびきは病気のサインかもしれません!

今回は、見かけ次第、すぐに病院で診てもらうべき超危険ないびきを紹介します。愛犬がこんないびきをかいていたら要注意です。

1.今までなかったのに突然激しく現れる

今までまったくいびきをかいていなかった愛犬が、ある日突然、激しいいびきをかき始めた…なんてことはありませんか。今まで出ていなかった症状が突然出始めた場合、何らかの原因が考えられます。

主に、最近太ってきたために気道が圧迫され、呼吸がしにくくなっていたり、生活環境が変わったことでアレルギー症状を引き起こしている可能性があったりと、さまざまな原因が考えられます。

高齢になってから突然いびきをかき始めた場合は、気管虚脱や心臓病など、何らかの病気を抱えている可能性も疑われます。

病気は早期発見、早期治療がとても重要になってくるので、「そういえば突然いびきをかくようになったな」と思い当たるのであれば、なるべく早く病院で診察を受けるようにしましょう。

2.いびきが日に日に激しくなっている

No image

頻繁に、軽いいびきをかいている程度であれば、特に問題はないと言われているいびき。しかし、日に日に悪化するようにいびきの音や速さ、テンポが不規則など、異変が見られるようであれば、一度検査を受けましょう。

同じいびきではなく、今までに比べて明らかにいびきの様子が変化している場合は、病気を患っている可能性が疑われます。

短頭犬種と呼ばれるパグやフレンチブルドッグなどは、一般的にいびきをかきやすい犬種と言われていますが、短頭犬種であっても、いびきの様子が以前とは明らかに異なる、日に日に悪化している気がするといった変化が見られる場合は、軟口蓋過長症や鼻腔狭窄といった病気が悪化している可能性があります。

放置していると、上手く呼吸ができずに呼吸困難に陥る危険性があるので、できるだけ早くかかりつけの動物病院に相談しましょう。

3.起きているのにいびきをかいている

No image

通常、いびきとは寝ている間に起こる現象です。しかし、もしも愛犬が起きているにもかかわらず、いびきをかいている場合は、いびきではなく呼吸困難に陥っている可能性があります。

呼吸が荒かったり、呼吸のスピードが速かったりといった異変も同時に見られるので、非常に苦しい状態が続いています。早急に病院へ連れて行き、検査や処置などの適切な対応をとってもらいましょう。

危険ないびきを放置していると突然死の可能性も

No image

ここまで危険ないびきの特徴を3つ紹介しました。このような危険ないびきを見逃し、放置していると、ある日突然、寝ている間に呼吸困難に陥り、そのまま突然死してしまう恐れもあります。

睡眠時無呼吸症と呼ばれる病気ですが、睡眠時に一定のリズムで掻いていたいびきが止まり10秒以上止まった後、大きないびきをかいて一定のリズムのいびきに戻るなどの症状が挙げられます。また、ガーガーという大きく異質な音のいびきをかくのも特徴的です。

こうした違和感のあるいびきは見逃さず、少しでも「なんだかおかしい」と感じたら病院へ連れて行きましょう。原因を究明し、それぞれの犬に合った対処法や治療を行ってくれますよ。

まとめ

No image

いかがでしたでしょうか。皆さんの愛犬は、今回紹介したような危険ないびきをかいていませんか。もしも心当たりのある方は、「少しくらい大丈夫」と高を括らず、なるべく早くかかりつけの動物病院へ連れて行きましょう。

(獣医師監修:平松育子)

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

おとなしい犬と相性の良い犬ってどんな犬?

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
しおり

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加