大雪で大渋滞、立ち往生の車を押す人たち...「最強寒波」の広島県内を徹底取材 動物たちも震える!

大雪で大渋滞、立ち往生の車を押す人たち...「最強寒波」の広島県内を徹底取材 動物たちも震える!

  • 広島ニュースTSS
  • 更新日:2023/01/25
No image

TSSテレビ新広島

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

大雪のニュースです。日本列島を直撃した今シーズン最強の寒波は、広島でも交通や生活に大きな影響をもたらしました。一面、銀世界となった県内の様子を徹底取材しました。

【矢野記者】

「坂ですが…足元よっぽど注意しないと下が凍っていてこれは滑りますね。(午前)5時前ですが、意外と多くの車が2号線を走っているなという印象です」

24日から広島市中心部にも影響を及ぼした”最強寒波”。

「6時50分です。県道37号線を進んでいます。この37号線入ってきて、道路を雪が完全に覆いつくしている。市内中心部に向かう道路がかなり渋滞しています。進まない状況になっています」

25日の最低気温は、神石高原町油木と三原市本郷で氷点下8度、広島市中区でも氷点下4.2度などすべての観測地点で氷点下となり、今シーズン一番の冷え込みでした。

【会社に向かう人】

「いつもよりも5~10分早く出た」

Q:この風景どうですか?

「珍しいのできれいだなと思った」

25日も北部を中心に雪が積もっていて、午後2時の時点で北広島町八幡で62センチ、庄原市高野で55センチなどとなっています。

【梅田記者】

「広島市安佐南区上安です。足元は長靴が完全に埋まるほど雪が積もっています。道路はなだらかな上り坂ですが、トラックが立ち往生しています」

空回りし、ガリガリと音をあげる車のタイヤ。

【ドライバー】

「チェーンはめているがダメですね…」

小学校の給食を運ぶ途中、信号で止まったまま動けなくなり30分以上、この場所で対応に追われていました。しかし、それだけではなく…。

「交差点の真ん中で車が1台動けなくなっています」

スタッドレスタイヤを装着していても油断できない路面の状況…。

【ドライバー】

「1回抜けてしまえばのぼると思うんですけど…」

取材班と近くにいた人4人で押しても簡単には動きませんでした。

その後も、立て続けに車2台が立ち往生し、警察も出動しました。

近くのコンビニエンスストアの駐車場には24日夜から、その場の放置されたとみられる雪に覆われた車が数多くとめられていました。

こうした影響で近くにある安佐動物公園では…。

【梅田記者】

「広島市の安佐動物公園です。この時間でも雪は降り続いています。駐車場も地面が見えないほど雪が積もっています。この雪の影響を受けて動物園は先ほど休園が決まりました」

職員は急遽、臨時休園を知らせる張り紙を窓口に…。

「入口からはヒヒが見えるが動物たちも寒いのか岩の中に入っています」

フラミンゴも寒さで首をすくめていました。

この雪の影響で、JR西日本は芸備線と福塩線の一部区間で運転を見合わせていましたが、午後1時ごろから芸備線の三次から志和口駅で運転を再開したほか、県内の路線バスは殆どの便で運転が再開されています。

一方、高速道路は、中国道、松江道の一部などで、今も通行止めが続いています。

県内では24日から25日午前8時までに、積雪や路面の凍結によるスリップ事故などが300件を超えました。

厳しい寒さは、26日も続く見込みで、引き続き、路面の凍結などに十分、注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加