数量限定!ブルーベリー香る「東北大学オリジナルクラフトビール」が誕生

数量限定!ブルーベリー香る「東北大学オリジナルクラフトビール」が誕生

  • リビング仙台Web
  • 更新日:2022/09/26

こんにちは!編集スタッフのチロルです。

「東北大学のオリジナルクラフトビールが誕生!」という情報を聞きつけ、発表会に参加して試飲してきました~!

東北大学創立115周年を記念

No image

2022年の今年、創立115周年を迎える「東北大学」。「藤崎百貨店」と仙台市中心部にある醸造所「BATSUJI BREWING」とタッグを組んで完成させたのが、東北大学115周年記念プレミアムビール「Kawatabi(カワタビ)Berry」です。

No image

発表会では、東北大学の理事・副学長の佐々木啓一さんがあいさつ。「社会との共創」をテーマに、さまざまな企業や団体との関わりの中で開発されたビールとのこと。

東北大学は日本初の『女子大生』が誕生した大学ということもあり、今回の開発では「多様性」への思いも大切にされたそうです。

「川渡フィールド」産のブルーベリーが香る!

No image

ビールには、東北大学の研究に使われている「川渡(かわたび)フィールドセンター」で栽培されたブルーベリーを使用。鳴子温泉エリアにある川渡フィールドセンターの土壌や気候は、ブルーベリーの栽培にぴったりなのだとか。

東北大学のスクールカラーを思わせる『紫』もポイント!

No image

気になるのはその味わい。・・・ということで、試飲用に1杯提供してもらいました。

サーブされた瞬間、ふわ~っとブルーベリーの香りが!

ベースになっているのは香りの強さが特長の「ヘイジーIPA」ということで、第一印象はとにかくフルーティー。味わい深い苦味の後から、ブルーベリーの甘みと酸味を感じる爽やかな風味が口の中に広がります。

ラベルデザインにも注目

No image

記念に飾っておきたくなるような、ラベルをデザインしたのは、社会福祉施設「多夢多夢舎中山工房」の所属アーティスト・竹内聖太郎さん。川渡の豊かな自然の中に実るブルーベリーが目に浮かびますね。

こちらのオリジナルビールは9月22日(木)から、藤崎百貨店にて限定200本が販売(1本1200円)され、すでに完売とのことですが、まだチャンスはありますよ!

No image

10月1日(土)・2日(日)に、東北大学のホームカミングデーとして開催される「KIZUNAスウィーツタウン」では、オリジナルビールをはじめ、115周年記念グッズを販売予定。ビールは115周年にちなんで、数量限定の115本を販売予定とのことなのでお見逃しなく!

売り上げの一部は、東北大学基金に寄附され、教育研究環境の整備や学生の修学支援といった、東北大学の応援につながります。

No image

宮城県内の人気店とコラボした限定スイーツも販売されるそうなので、ビールと併せてチェックしてみてくださいね。

DATA

東北大学115周年 ホームカミングデー「KIZUNAスウィーツタウン」

会場 東北大学 川内萩ホール前 特設スペース(宮城県仙台市青葉区川内40)

開催日時 2022年10月1日(土)・2日(日)、各11:00~17:00

※事前申し込みは不要

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加