チケット販売プラットフォーム「LivePocket -Ticket-(ライヴポケット)」が「イベント割」に対応

チケット販売プラットフォーム「LivePocket -Ticket-(ライヴポケット)」が「イベント割」に対応

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/11/25

エイベックス・エンタテインメントは、経済産業省より9月26日付けで発表された「イベント割」キャンペーンの施行に向け、イベント割の販売委託事業者として登録された。これによりイベント割導入を検討しているイベント主催者はチケット販売プラットフォーム「LivePocket -Ticket-(ライヴポケット)」にて11月24日からイベント割でのチケット販売が可能になる。

イベント割とは、コロナ禍からのイベント復興を目的として10月11日から開始している事業で、ワクチン接種証明またはPCR検査等の陰性証明の確認等を条件に、チケット代の2割(最大2,000円)が給付される。

ライヴポケットは、400万人を超える会員組織を持つ電子チケット販売プラットフォームで、年間300万枚を超えるチケットを発券している。音楽系のライヴ、イベント、フェス、ファンイベントをはじめ、舞台、演劇、スポーツ、展覧会、展示会、催事、コラボカフェ、そしてオンラインのイベント、レッスン、セミナー等まで、リアル/オンラインを問わず多岐にわたるジャンルのチケット販売に利用されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加