JOC 性的画像問題で国内競技団体と情報共有「男性選手被害のケースも」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、オンラインで国内競技団体との会議を行った。JOCが対策に乗り出している女性選手を中心とした性的画像の被害拡大について、情報を共有。籾井圭子常務理事は「盗撮の一言ではくくれない形の被害が起きている。女性だけでなく、男性が被害にあったケースもある」と説明。「スポーツ界全体で取り組まなければならない。協力していただきたい」と呼びかけた。

競技団体からは海外遠征から帰国後の14日間の隔離緩和について、認可されたコンディションニング調整だけでなく、実戦形式の練習も対象にしてほしいという要望があった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加