爆問・田中 脳梗塞発症の原因「“これが”って理由がないんです」

爆問・田中 脳梗塞発症の原因「“これが”って理由がないんです」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞で療養中のお笑いコンビ「爆笑問題」田中裕二(56)が21日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜後1・00)に約1カ月ぶりに復帰した。

No image

爆笑問題の田中裕二

相方・太田光(55)や同局の良原安美アナウンサー(25)がわざと小さな声でコールをするなど、イジる中、田中は「大きい声出していいですよ。俺も別にそっとしゃべらないといけないわけではないですよ。そういう状況じゃない。血圧をあまり上げないようにとか言われちゃうと(気にはする)」と苦笑した。

自身の病気について言及。田中は体質について「もともと血圧低いんです。もともと上が100もないんです。どっちかというと、低血圧なんです。今回の病気も低血圧でなったわけではないんです」と説明。「ちょっと難しいんだけど、これがって理由がないんです。お菓子の食べ過ぎとかコロナの後遺症じゃないかとか、いろんなところでいろいろな人が言うでしょ?だけど、全部聞きましたけど、お医者さんもわからないって」と担当医師からも発症の原因はわからないと説明を受けたといい、これには太田も「それが怖いね」ともらした。

田中は脳動脈解離について「稀にあるんですけど、『はい、これが原因です!』って一言で言えることではない。例えば、糖尿病とか高血圧とか持病を持たれている方がなるってことはあるけど、高血圧イコールこの病気になるってわけではない。僕のように血圧が普段から低い人がなる場合もあるし。56ぐらいは働き盛りという年代の人で、コロナになっていようが、なっていまいがなっても不思議じゃない。50代、60代の人はよくなる」と説明を受けたといい、「(コロナの後遺症が)100%ないって絶対それは否定できるお医者さんはいないと思うが、(医者は)『去年の8月でしょ?コロナの後遺症とか考えづらいかな』とは言ってました」と昨年8月のコロナの後遺症については可能性は低いとした。

さらに、症状について「僕は脳の動脈が乖離といって、パラパラパラと裂けちゃった。血管が切れちゃう、裂けちゃうっていうのは、脳の血管が若い人でもなるんだって。血栓が詰まったわけではなくて、裂けちゃって、くも膜下出血になってしまった」と田中。「それと同時にたまたまなんですけど、脳梗塞にもなっちゃった。同時に起きることはそんなに多くはないらしい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加