開幕5連勝目指す阪神・ガンケルが5回3失点「チームメートがよくまもってくれた」

開幕5連勝目指す阪神・ガンケルが5回3失点「チームメートがよくまもってくれた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

5回、クロンの適時打で会沢(左)の生還を許したガンケル(撮影・北村雅宏)

「阪神-広島」(2日、甲子園球場)

阪神先発のガンケルが、5回を投げ7安打3失点で降板。開幕から5連勝となる白星の権利を得てマウンドをブルペン陣に託した。

立ち上がりから走者を背負う投球が続いたが、踏ん張った。初回、先頭の菊池涼に中前打を許したが、羽月、鈴木を連続三振に仕留めるなど後続を抑えて無失点。二回も先頭の安部に中前打を放たれたが、得点にはつなげなかった。

先制を許したのは、三回だ。1死二塁から鈴木誠に左翼線を破る適時二塁打を浴びて、先制点を奪われた。

同点とした直後の四回には、先頭の安部に四球を与えるなど、1死満塁のピンチを招くと、菊池涼の遊ゴロの間に勝ち越しの1点を失った。五回にも失点を喫すなど、2点のリードを与えたが、その裏の攻撃でドラフト1位・佐藤輝(近大)が満弾を放ち逆転に成功。六回からは2番手・馬場がマウンドに上がり、交代となった。

ガンケルは「調子も良くなかったと思うし、相手を抑えることに苦労したところも多かったけれど、チームメートがよく守ってくれたし、逆転もしてくれたから本当に感謝しているね」と胸をなで下ろした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加