NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
内村航平が本番会場で練習「感触はめちゃくちゃ良かった」ひねり技で落下も余裕

内村航平が本番会場で練習「感触はめちゃくちゃ良かった」ひねり技で落下も余裕

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

内村航平(32=ジョイカル)ら東京五輪の体操男子日本代表が21日、予選(24日)を見据えて本番会場の有明体操競技場で練習を行った。

No image

<男子体操練習>五輪会場で華麗な演技を見せる内村航平(撮影・北條 貴史)

団体総合の日本は予選は平行棒からのスタート。内村はジャージーを着たまま平行棒で軽く体を動かした後に、鉄棒に臨んだ。

H難度の「ブレトシュナイダー」、G難度「カッシーナ」、E難度「コールマン」と華麗に離れ技をつかんだが、その後にD難度のひねり技で落下。それでも、「感触はめちゃくちゃ良かった」とし、落下は「気が緩んでミスが出た」と振り返った。

鉄棒を終えた後は、スマートフォンでチームメートの演技を動画撮影。「暇なんで、やることないじゃないすか」。笑みを浮かべたキングは「たいしたことは言っていないですけどね、ははは」としながら、チームメートに的確にアドバイスを送っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加