絵を描き始めた途端、静かに集中する輝方。百合子は「彼を誤解していたかも」と反省する/夢てふものは頼みそめてき6

絵を描き始めた途端、静かに集中する輝方。百合子は「彼を誤解していたかも」と反省する/夢てふものは頼みそめてき6

  • ダ・ヴィンチWeb(マンガ)
  • 更新日:2023/01/25

灰田高鴻著のコミック『夢てふものは頼みそめてき Daydream Believers』から厳選して全8回連載でお届けします。今回は第6回です。時は明治34年。駆け出しの浮世絵画家・池田輝方は、女性を描くことばかり考えていた。するとある日、夢で見た美女に瓜二つの女学生・榊原百合子と出会う。運命を感じる輝方だが、百合子は猪突猛進な彼の勢いに怯えてしまい――。不思議な出会いから始まる『夢てふものは頼みそめてき Daydream Believers』。ふたりのドタバタな恋愛模様をお楽しみください! 絵を描き始めると、途端に真剣な表情に変わる輝方。それを見た百合子は――。

『夢てふものは頼みそめてき Daydream Believers』を最初から読む

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

ダ・ヴィンチWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加