EXITりんたろー。 濃厚接触者で隔離となり気づいたつながり 「丁寧に生きよう」にフォロワー反響

EXITりんたろー。 濃厚接触者で隔離となり気づいたつながり 「丁寧に生きよう」にフォロワー反響

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/01/15

お笑いコンビ「EXIT」のりんたろー。(35)が15日、自身のツイッターを更新。自宅待機中の言葉が大きな反響を呼んでいる。

No image

EXITのりんたろー。

相方の兼近大樹が10日に新型コロナウイルス感染が発表され、りんたろー。は11日にPCR検査で陰性を発表したが、現在も自宅待機している。そんな状況の中で「人との距離を取って人から隔離されてなぜかより強く人との繋がりを感じる。この速度じゃないと見えない景色や届かない言葉達があったようだ。一生懸命という言葉にかまけて大切なものを沢山見逃してきてしまった気がする。それに気付かされただけでも意味があったと思えるよう。丁寧に生きようと思う」とつづった。

その前のツイートでは、かつての後輩でラーメン店主になった人からラーメンが届けられたことを写真つきで投稿。「荷物をピックする為ドアを開けると謎のビニール袋、ミストマンの時にサポートついてくれた後輩がラーメン屋になってそのラーメンを届けてくれたのだ!煮干しの旨味が凝縮されてるのにあっさりでしつこくない。それを引き立てるトッピングと焼豚が傑作。いろんな人に支えられている」としていた。

人とのつながりに感謝する投稿の連続に、フォロワーからは「なんて真っすぐで素敵な文章」「気づきがりんたろーさんにとって宝物となってるね。素敵です」「りんたろーさんの言葉で私も気づかされました」「この期間がこれからの人生にとって恵になりますように」などのメッセージが寄せられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加