インテル、東京2020五輪に投入する最新デジタル技術群を公開

インテル、東京2020五輪に投入する最新デジタル技術群を公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/20
No image

インテルは7月20日に記者会見を開き、今週末に開幕する東京2020オリンピック競技大会で新たに使用される同社の複数の技術プラットフォームを披露した。インテルは今大会のワールドワイドオリンピックパートナーであり、大会の成功に向けてデジタル技術による支援にも取り組んでいる。

インテル、日本人アスリート2名を東京オリンピックのテクノロジー・アンバサダーに

今回の新技術のうち、視聴者にとって最も身近になるであろう技術が、「3Dアスリート・トラッキング(3DAT)」だ。競技の各種情報を可視化し、放送画面にオーバーレイ表示する近年は見慣れたものだが、3DATではセンサーの設置やラボ等を必要とせず、複数台のカメラのみで選手の挙動を記録、クラウド上でAIを用いて分析することで可視化された競技情報をほぼリアルタイムで出力する。実際の大会では、100メートル走をはじめとするスプリント競技で、この3DATを活用した放送画面を見ることができるはずだ。

「インテル True View」は、競技会場全体に高解像度の小型カメラを設置、縦、横、奥行きを記録した膨大な量の立体映像データ(ボクセル)を撮影し、360度の視点の映像をレンダリングするもので、肉眼では判定が難しかったプレーの確認も可能という、これまでにない高品質の没入型視聴が実現する。これはバスケットボールの52試合で撮影を実施し、映像は放送事業者を通して配信する予定だ。

ほか、5Gを利用した新しいスポーツ視聴体験を実現するとして大会組織委員会が実施する「TOKYO 2020 5G PROJECT」に、日本電信電話(NTT)、NTTドコモとともに協力する。また、DXによって安心・安全な大会運営を図るとともに、大会運営の知見を深め、次回以降の五輪大会の運営効率化にも活かす「IOCデータ利活用プロジェクト」に、プロセッサやAI技術の支援で参加する。

笠原光

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加