ZMP、最大可搬重量5トンの屋内外兼用無人けん引車を発表

ZMP、最大可搬重量5トンの屋内外兼用無人けん引車を発表

  • レスポンス
  • 更新日:2021/10/14
No image

CarriRo Tractor 5Tで荷物を牽引している様子

ZMPは10月14日、無人けん引車の新モデル「CarriRo Tractor 5T(5トン)タイプ」を発表した。

無人けん引車CarriRo Tractorは、屋内・屋外両方で兼用でき、予め決められたマップ上でルートを設定すると自動で走行可能。構内運搬車の代わりに使うことで、搬送業務の省人化に貢献する。ZMPでは、2020年に工場建屋間の物資や倉庫内のパレットを搬送するを2.5トンタイプの販売を開始。物流現場から好評を得ているが、搬送効率向上のためより高い可搬重量を求める声もあり、最大可搬重量が5トンとなるCarriRo Tractor 5Tを開発した。

今回発表したCarriRo Tractor 5Tは、無人フォークリフトCarriRo Forkと同様、Linde Material Handling社製の機体を使用している。自動運転の仕組みも同じく「レーザー誘導方式」を採用しているため、路面への誘導ガイドの設置が不要、容易にルート設置・変更が可能。CarriRo Tractorと無人フォークリフトとの連携でパレット搬送の完全無人化を実現できる。

新製品は2022年に出荷を開始する計画となり、詳細な時期および価格などの情報は2021年12月に公開する。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加