水(飛沫)は通さず、空気は通す。「透明マスク」が登場

水(飛沫)は通さず、空気は通す。「透明マスク」が登場

  • MdN
  • 更新日:2020/09/15
No image

株式会社サラは、9月14日、半透明素材で口元が見える「透明マスク」を発売すると発表した。メーカー希望小売価格は1,800円(税別)。10月20日頃からの予約販売が予定されている。

同製品は、飲食業や小売店スタッフなど、接客をする人に最適な表情が見える半透明マスク。水と空気の分子の大きさの違いを利用した「水(飛沫)は通さないが、空気は通す」特殊素材で作られており、笑顔を見せながらしっかりと感染予防対策をすることができる。

フェイスシールドやマウスシールドと比べると透明度は低いが、シールドのように顔との隙間を大きく開ける必要がないため、ピッタリ装着することが可能。通常のマスクと同じように着用できるので、動きが激しい現場などでも使いやすい仕様となっている。

布地部分には吸水速乾・通気性に優れたCOOLMAX(R)が採用されており、使い心地にも配慮されている。

同製品は、10月20日頃より予約販売を開始し、11月初旬に先着順にて発送される予定。自社オンラインショップやクラウドファンディングを通しての販売が予定されている。

株式会社サラ
URL:http://www.sara-fukuoka.co.jp
価格:1,800円(税別)
2020/09/15

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加