ヤクルト村上宗隆4番の一発勝ち越しソロ「チャンスメークしようと打席に」

ヤクルト村上宗隆4番の一発勝ち越しソロ「チャンスメークしようと打席に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス 4回裏ヤクルト無死、左中間への本塁打を放つ村上(撮影・足立雅史)

<日本シリーズ:ヤクルト-オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

ヤクルトの若き4番村上宗隆内野手(21)が、勝ち越しの1発を放った。

1-1の同点に追いつかれた直後の4回、先頭でカウント2-2から甘く入った山崎福の143キロ直球を左中間スタンドへ運んだ。「同点に追いつかれた直後だったので、チャンスメークしようという気持ちで打席に入りました。大振りせずコンパクトに打つことができました。すぐに流れを持ってこれたので良かったと思います」。右手の人さし指を立て、ガッツポーズをしながらダイヤモンドを回った。

日本シリーズでは第1戦での2ラン以来の第2号となる勝ち越しソロ。ベンチでは笑顔で高津監督とグータッチをかわした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加