三笘薫のドリブルは何が凄い? 元日本代表FW前園氏が解説「この形は日本1つの武器」

三笘薫のドリブルは何が凄い? 元日本代表FW前園氏が解説「この形は日本1つの武器」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/09/24
No image

ゴールを決めた三笘薫【写真:Getty Images】

試合を中継するフジテレビ副音声で前園真聖氏が登場

森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでアメリカ(FIFAランキング14位)と対戦し2-0で勝利を飾った。元なでしこジャパン(日本女子代表)FWでタレントとして活躍する丸山桂里奈さんと試合を中継するフジテレビで、副音声を担当する元日本代表FW前園真聖氏が、途中出場から終盤に追加点を決めたMF三笘薫について言及している。

カタール・ワールドカップ(W杯)の最終登録メンバー発表前までに行われる強化試合は、今回のアメリカ戦と27日のエクアドル戦の2試合を残すのみとなっている。この2試合は、最終的なメンバー選考に大きな影響を与えることは間違いないが、同時にカタールW杯で初のベスト8進出を目指すチームの強化としても重要な試合だった。

アメリカ戦では序盤から日本がポゼッションを高める展開のなか、前半にMF鎌田大地のゴールで先制。その後日本は追加点を奪えないなか、後半22分から三笘を投入すると、FW町野修斗、同時投入のMF堂安律らと連係し、次第に持ち味を発揮していく。

迎えた同43分、左サイドでボールを受けた三笘がドリブルを開始。ペナルティーエリア内へ侵入すると、相手3人を手玉に取り右足を振り抜いた。このシュートがゴール右に決まり、日本が待望の追加点をゲット。試合はそのまま2-0で日本が勝利を収めている。

このゴールに対し前園氏は「途中から入ってきて、この形は日本1つの武器」と評価し、三笘のドリブルの凄さを解説。「細かいけれど、身体の向きでフェイントをかけている。ちょっとだけども。特別なまたぎとか、シザースはやってない。身体の向きだけで、縦に仕掛けるのかそのまま中にカットインなのか相手は迷っていた」と三笘のプレーに舌を巻いていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加