パンダ愛あふれる『ぱんだんご』が話題 店主のこだわりを直撃

パンダ愛あふれる『ぱんだんご』が話題 店主のこだわりを直撃

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/22

3連休の初日となった21日は、全国各地の観光地が賑わい、草津温泉では多くの旅館やホテルが満室となった。そんな中、京都にあるみたらし団子の店が、そのかわいらしさから話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、店主のこだわりを直撃した。

画像をもっと見る

■店主が最も好きなものを商品化

京都市上京区・北野白梅町駅近くに店を構える「ぱんだの散歩」。店主は昔から団子が好きで、全国の店を食べ歩きしていたそうだ。実際に店を持つ決意を固め、オリジナルな団子を作る際に浮かんだアイデアが「ぱんだんご」だ。

No image

(写真提供:ぱんだんご)

パンダも好きな店主は、パンダを動物園に良く見に行っているそうで、自分の最も好きなものを商品化。こじんまりとして店内には、多くのパンダグッズが並んでいる。SNS上では「キャー、かわいい!」といった悲鳴も。

関連記事:『ねほりんぽほりん』紹介のミシュランで星を失った料理店主 「その後が怖すぎ」と話題

■通販限定商品も発売

一番の人気はパンダそのものの「ぱんだんご」で、一本170円。全国から取り寄せたこだわりの粉を使い、パンダの黒は竹炭を使用。季節によっては限定ぱんだんご(190円~)も登場する。今の時期はもみじを持ったパンダが紅葉を表現し、店ではみたらしをからめて味わう。

No image

(写真提供:ぱんだんご)

ネットショップBASEでは、おうちでぱんだんご24本入り(3,240円)を販売中で、こちらには黒糖シロップときなこがついており、店とは違った味を楽しめる。

No image

(写真提供:ぱんだんご)

すべて店舗で手作りのぱんだんごオリジナルグッズも人気。キーホルダーやストラップ、ピアス、耳かき、Tシャツと商品ラインアップも豊富だ。

■売上は厳しい状態が続く

店主によると京都の街には徐々に人が戻りつつあるが、昨年の秋と比較すると半分以下で、昨年までは行列が出来ることもあったが、今年は2,3組が並ぶ程度だという。

売上も厳しい状態が続いているが、店主は「あまり気にしないようにしている」と話す。営業日は、木・金・土曜日で、日曜・祝日も店を開けることがある。営業時間は12時から17時までとなっている。

・合わせて読みたい→コロナ禍で大打撃の人気日本料理店 松茸コースを半額以下で提供と話題

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加