10代の男が元恋人をメッタ刺し 自宅に逃げ帰るも母の通報がきっかけで緊急逮捕

10代の男が元恋人をメッタ刺し 自宅に逃げ帰るも母の通報がきっかけで緊急逮捕

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/08/02
No image

(Chaichan Pramjit/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

進学先も決まり、新生活のスタートを楽しみにしていた10代の美女。同女性は少し前に恋人との関係にもピリオドを打っていたが、相手はまるで納得しておらず、それどころか殺意を募らせていたようだ。

■恋人にふられた男

米国・ペンシルベニア州で暮らすある男(18)は、1年にわたり同じ年の女性と交際していた。

しかし今から約1ヶ月前に、女性は「この関係はおしまいにしたい」と男に宣言。これを受け悩んだ男は女性に再び接触し、「駅に来て」「関係解消につき、ちゃんと話し合いがしたい」と伝えた。

関連記事:デートを断られ「別れたがってる」と思い込んだ男 恋人をめった刺しにして実刑判決に

■女性をメッタ刺しに

男の要求に応じることにした女性は、指定された駅の駐車場に車で向かった。

到着後にさっそく男に会った女性だが、話し合いはこじれたとみられ、男は激高。所持していた凶器で30回以上刺すなどして女性を殺害し、そのまま車で逃走した。

通報を受けた警官隊がただちに現場に向かったが、車のそばで倒れていた女性はすでに死亡していたとのこと。警察は、この直後に「現場からジープが走り去った」という情報を入手。容疑者の断定に向け、すみやかに捜査を開始した。

■血まみれで帰宅

女性を殺害後、男は車(ジープ)に乗り込みそのまま家族の待つ家へ。返り血に染まった服を着たままだった男は手にケガを負っていたといい、その姿を見て驚いた男の母親が慌てて通報した。

警官隊が男の自宅に急行し、目撃情報通りのジープを家の前で発見。家に入ると男が血まみれのままソファーに腰かけていたことから、そのまま男の身柄を確保し署に連行した。

■当局のコメント

この事件につき、郡検事は「高校を卒業し人生これからというときに、女性は刺されてむごい死に方をしました」「ご遺族にとってもまさに悲劇です」というコメントを発表。さらに「パンデミックが発生してからというもの、男女間の暴力やDVが急増しています」とも付け加えた。

女性は大学に行くことも決まっていたが、悲しみに暮れる遺族は女性の進学ではなく、最後のお別れと葬儀の準備に追われている。

・合わせて読みたい→子持ち女性と恋愛トラブル 交際相手の娘を惨殺した男を逮捕

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加