DeNAの連勝は3でストップ...大野雄から4点奪うも大貫が3回8失点で3敗目

DeNAの連勝は3でストップ...大野雄から4点奪うも大貫が3回8失点で3敗目

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/05/04
No image

DeNAの三浦大輔監督

○ 中日 8 - 4 DeNA ●
<8回戦・バンテリンドーム>

DeNAの連勝は「3」でストップ。先発の大貫が3回8安打8失点で3敗目(1勝)を喫し、チームの借金は再び「13」となった。

大貫は初回、一死満塁のピンチを招くと、5番・高橋周に右中間フェンス直撃の2点適時二塁打を浴び失点。二死後、7番・阿部にも右前2点適時打を許し、立ち上がりからいきなり4点を失った。直後の2回に3点を返してもらったが、4回は再び一死満塁のピンチを作り、8番・根尾に痛恨の満塁被弾。4回の攻撃で代打を出され、3回69球、8安打8失点、3奪三振2四球の内容で降板となった。

右腕は前回4月27日の広島戦(マツダスタジアム)も3回途中11安打7失点でノックアウトされており、これで2試合連続のKO。防御率は7.12に悪化した。

打線は4点を追う2回、7番・ソトが3号3ランを左翼席へ運び1点差。6回には4番・佐野が右越え4号ソロを放ち中日先発・大野雄から4点を奪ったが、大貫の大量失点があまりにも重く連勝は「3」でストップした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加