iPhone13はUSB-C端子非搭載、画面(電源)下指紋認証搭載の可能性は50%

iPhone13はUSB-C端子非搭載、画面(電源)下指紋認証搭載の可能性は50%

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/10/18
No image

iPhone12に関する予想を複数的中させたリーカーのジョン・プロッサー氏(@jon_prosser)が、2021年モデルとなる「iPhone13」に搭載される及び搭載されない機能についての予想を、Twitterに投稿しています。

人気YouTuberの質問に回答

人気YouTuberのサム・シェファー氏(@samsheffer)が、来年のiPhone13に期待する機能として「USB-C」(端子搭載)「120Hzディスプレイ」「画面下(または電源ボタン下)指紋認証」と投稿したところ、プロッサー氏が次のように投稿しました。

「(これらの質問に)答えよう!(USB-C端子は)「搭載しない(将来的にも絶対ない)」(120Hzディスプレイは)「搭載する」(画面下または電源ボタン下指紋認証は)「50/50の可能性」

I’ll help!

– not happening (ever)
– happening
– 50/50
— Jon Prosser (@jon_prosser)
October 18, 2020
from Twitter

USB-C端子搭載は将来的にもない

iPhone12にも、USB Type-C(USB-C)端子が搭載されるという噂は複数ありました。しかしプロッサー氏は、iPhone13どころか、将来的にもiPhoneにUSB-C端子が搭載されることはない、と言い切っています。

リフレッシュレート120Hzディスプレイは、iPhone12シリーズでの採用が期待されていました。結局搭載されなかった理由についてプロッサー氏はiPhone12の発表前に、消費電力の問題で5G対応を優先せざるを得なかったためと説明しています。しかしiPhone13での搭載は期待できそうです。

指紋認証復活の可能性は50%

興味深いのは画面下(あるいは電源ボタン下)埋込み型指紋認証についての予想です。

プロッサー氏は著名リーカーの有没有搞措氏(@L0vetodream)と2人で、iPhoneへの画面下埋込み型指紋認証(Touch ID)採用を示唆するやり取りをTwitter上で行っていました。

今回のシェファー氏への回答により、プロッサー氏はiPhone13での指紋認証復活(おそらくFace IDと両方の搭載)について、画面に埋め込むという形だけではなく、iPad Air(第4世代)で導入された電源ボタンへの内蔵という可能性もある、との情報をつかんでいるようです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加