3安打2打点の巨人・中島に井端氏「体が元気なら結果を残せる」

3安打2打点の巨人・中島に井端氏「体が元気なら結果を残せる」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/08/01
No image

巨人・中島選手=東京ドーム

○ 巨人 11 - 3 広島 ●
<8回戦・東京ドーム>

3試合ぶりのスタメン出場となった巨人の中島宏之が、2安打2打点の活躍を見せた。

2回の第1打席は遊殺に倒れたが、3回二死二塁の第2打席は広島の先発・床田寛樹のカーブをセンターへはじき返す適時二塁打。さらに、5回二死二塁の第3打席は、ケムナ誠の152キロストレートをライト前に適時打を放った。勢いの止まらない中島は第4打席にもレフト前に安打を放ち猛打賞を達成した。

1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は第4打席の安打に「今のは狙い打ちだなという感じがしますね。岡本選手にホームランを打たれた後、ウィーラー選手に対して、ストレートを続きました。変化球で入ってくるという予測がありながらなので、あの辺は経験とベテランなのかなと思いますね」と振り返った。

さらに井端氏は「下半身の粘りも出てきたのかなと思います。年齢も30後半になってきたので、うまく休ませながらなので、結果を残せますよね。体が元気ならある程度結果を残せると思います」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加