楽天・岸、3回7安打5失点でKO 4戦勝ちなし

楽天・岸、3回7安打5失点でKO 4戦勝ちなし

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

楽天・岸

「ソフトバンク-楽天」(4日、ペイペイドーム)

首位攻防戦第二ラウンドは楽天の先発・岸が3回7安打5失点(自責4)、52球で降板した。これで4戦勝ちなし。制球が安定せず、甘く入ったボールを痛打された。

味方が1点先制した直後の二回、先頭の中村晃に内角直球を捉えられる右越え同点ソロを被弾。さらに2死一塁から9番・今宮に中堅フェンス直撃の適時三塁打を浴びた。中堅手・辰己からの送球を三塁手・茂木が後ろにそらした間に打者走者の今宮も生還し、1-3とされた。

さらに三回にも2安打1四球で1死満塁のピンチを招き、甲斐に左前適時打、明石にも右犠飛を許し2失点。1-5とされた。

四回からは2番手として西口がマウンドに上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加