JR西日本、東海道・山陽新幹線用N700S製作へ 2022年度中に2編成投入

JR西日本、東海道・山陽新幹線用N700S製作へ 2022年度中に2編成投入

  • Traicy
  • 更新日:2020/10/16
No image

JR西日本は、JR東海が7月から東海道新幹線に投入しているN700Sの製作を開始すると発表した。2021年2月以降の営業投入を予定している。

N700Sは2007年にデビューしたN700系以来となる東海道新幹線のフルモデルチェンジ車両。「S」は「Supreme(最高の)」という英単語にちなみ、N700系シリーズで最高の車両を意味する。普通車を含む全席にモバイル用コンセントが設置されるなど、利便性や快適性が向上している。

JR東海では7月1日から営業投入されており、JR西日本でも製作を開始。2020年度は2編成を製作し、2021年2月以降の営業投入を予定している。

また、2019年の台風19号で被災した北陸新幹線のW7系についても、2021年度に2編成を新製する。従来のW7系を基本仕様とし、台車モニタリング装置や着雪防止対策機能を搭載することで安全・安定性を向上する。営業投入は2021年度下期の予定。

■関連記事JR東海の“最高の新幹線”N700S 従来型N700Aと何が違うのか700系の魂が宿る? 来月デビューの東海道新幹線「N700S」の車内を紹介東海道新幹線N700S、「のぞみ1・3号」でデビュー 東京駅を出発

佐藤 正晃(編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加