【やじうまPC Watch】初のWindows 11パッチでRyzenのL3遅延がさらに悪化?

【やじうまPC Watch】初のWindows 11パッチでRyzenのL3遅延がさらに悪化?

  • PC Watch
  • 更新日:2021/10/14
No image

Microsoftは12日(米国時間)にWindows 11向けに初となるパッチ「KB5006674」をリリースしたが、海外メディアTechPowerUpが報じたところによると、当初よりWindows 11に存在していたRyzenのL3キャッシュの遅延問題が、パッチ適用によりさらに悪化したという。

TechPowerUpによれば、Ryzen 7 2700Xの標準的なL3キャッシュ遅延は本来10ns程度なのだが、Windows 11では17nsになるという。これがWindows 11初の月例パッチを適用すると31.9nsへとさらに悪化してしまうのだという。

だが、そもそもWindows 11では当初からこの程度の遅延が発生していたという報告もあり、悪化したというよりも単に修正しておらず、測定誤差という可能性も否定できない。

なお、AMDは既にこの問題の解消に向け取り組んでいるとしており、10月内のパッチ提供を目指している。TechPowerUpによると、L3遅延問題はWindows Updateを通して10月19日にパッチを配布する予定。また、UEFI-CPPC2(より高性能なコア自動的に選択する機能)が正しく動作しない問題については10月21日にパッチを配布するとしている。

同誌によれば、Intelは11月にAlder Lakeをリリースする予定だが、仮にWindows 11環境においてRyzenとAlder Lakeを比較する場合は、このパッチのリリースを適用してから比較するべきだと述べている。

劉 尭

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加