流経大柏は1年生2人が先発でプレミアデビュー。躍動したMF柚木創はまたチャンス掴み、次は勝利と「自分が点を獲る」

流経大柏は1年生2人が先発でプレミアデビュー。躍動したMF柚木創はまたチャンス掴み、次は勝利と「自分が点を獲る」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/05/17
No image

[5.14 高円宮杯プレミアリーグEAST第7節 大宮U18 2-0 流通経済大柏高 NACK]

リーグ開幕直前に活動がストップしていたこともあり、流通経済大柏高(千葉)は開幕6試合で1勝1分4敗と苦戦。この日も立ち上がりに先制され、難しい試合展開となったが、その中でともプレミアリーグデビュー戦の1年生コンビが存在感を放った。

MF柚木創(1年=田口フットボールアカデミー出身)がダブルボランチの一角、MF堀川由幹(1年=坂戸ディプロマッツ出身)が右SHとして先発出場。2人は「最初に気持ちよく行こうというのと、ミスしていいから切り替え速くいこう、3年生にしっかり馴染もうと」(柚木)と確認してピッチへ立った。

柚木は「緊張が凄かったです。最初、緊張していて硬くなっちゃっていた」と振り返る。序盤は相手のスピードと強度に苦戦。判断が遅れ、潰されるシーンが目立っていた。だが、徐々に慣れてボールタッチの回数を増やすと、彼らは上級生を引っ張るほどのプレーを見せて行く。

前半22分、中央でボールを持った柚木がDFを剥がしてMF竹原伸(3年)のシュートシーンを演出すると、28分には小西の折り返しから柚木の放った強烈な左足ミドルがクロスバーをかすめる。

堀川由も正確なボールタッチからDFの逆を取る動き。43分には自陣深い位置から2人のドリブルで大きく前進し、柚木がラストパスへ持ち込んだ。柚木は前半途中からFW、そして後半は右SHとしてプレー。後半立ち上がりにもゴール方向へのドリブルからDFの意表を突くパスを通し、「普段からそういうプレーを意識してやっているので出せて良かった」と振り返った。

紅白戦でアピールし、勝ち取ったチャンス。柚木は「まずは点を獲ることを意識して、その中でラストパスとか点に繋がるようなパスを出せれば良いなという感じでした」という。0-1の後半30分に交代し、ゴールと勝利は次戦へ持ち越しとなったが、本人も「大分自信になりました」と頷く75分間となった。

榎本雅大監督は、「きょうの柚木なんかは収穫ですね」と評価。45分間で交代となった堀川由についても及第点を与えていた。また先発のチャンスを掴むために、2人は再びトレーニングでアピールする。

彼らは、3年生のためにも結果を出さなければならないことを自覚している。柚木は「前向いてからのドリブルとターンを見て欲しいです。(次回チャンスがくれば)絶対に勝ち点3取るのと、自分が点を獲るという気持ちでやりたいです。(点が獲れなくても)守備から入っていければ良い」とコメントした。先輩の10番MF竹原伸(3年)のような落ち着きのある、また試合を支配するようなプレーヤーになることが目標。そして、Aチームで出場チャンスを掴み続け、活躍・勝利と年代別日本代表入りも狙う。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

●高円宮杯プレミアリーグ2022特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加