今季最強寒波襲来 26日朝にかけ引き続き大雪に警戒を・山形

今季最強寒波襲来 26日朝にかけ引き続き大雪に警戒を・山形

  • 山形放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

今季一番の強い寒気が流れ込んでいる影響で、県内は25日、各地で今シーズン最も寒い朝となった。強い冬型の気圧配置は続く見込みで、県内は26日朝にかけて大雪に警戒が必要だ。

今季一番の強い寒気が流れ込んでいる影響で、県内は25日、各地で今シーズン最も寒い朝となった。強い冬型の気圧配置は続く見込みで、県内は26日朝にかけて大雪に警戒が必要だ。

25日の県内は、強い冬型の気圧配置の影響で各地で雪が降り、吹雪く所もあった。

午前8時頃の酒田市内の様子。雪や風の影響で視界が悪く渋滞が発生していた。酒田市は午後2時過ぎ、最大瞬間風速26.3メートルを観測した。また、朝は、県内全域で今シーズン一番の冷え込みとなった。

「午前9時前の山形駅前の様子。この時間の山形市内は雪の降り方が少し強くなっていて、気温もかなり低く手元の温度計では、氷点下5.3度と厳しい寒さです」

「いつも朝は寒いけど、いつもより寒く感じる。電車が遅れないか心配だったけどギリギリ乗れた」

25日午後3時までの各地の最低気温は、西川町大井沢で氷点下11.4度、山形で氷点下8.4度、酒田で氷点下7度など県内22の観測地点のうち14の地点で今シーズン最も低くなった。また、県内各地で最高気温が氷点下の真冬日となった。

寒波の影響で県内では25日、庄内地方を中心に小・中・高校など計40校が臨時休校となった。

一方、交通機関も大きく乱れた。山形新幹線は25日、福島ー新庄間で終日運転を見合わせ、在来線でも運転の見合わせや運休が相次いだ。26日はJR羽越線が酒田駅と新潟県の村上駅の間で始発から上下線で運転を見合わせる。一方、山形新幹線は26日、始発から通常運転を予定している。また、25日運転を見合わせた在来線も羽越線を除き、26日の始発、または日中からおおむね運転を再開する見込みだ。

空の便は、庄内空港で羽田便全便が欠航、山形空港では、羽田便や伊丹便など午前中の発着便が全て欠航となった。

また、東北中央道の米沢八幡原インターチェンジと福島大笹生インターチェンジの間が視界不良のため、そして、国道13号の福島県境付近が集中除雪のため、現在、全面通行止めとなっている(午後6時ごろ解除)

強い冬型の気圧配置は26日まで続き、庄内では大荒れや大しけとなる見込みだ。26日予想される最大瞬間風速は、庄内の海上と陸上で30メートルとなっている。また、県内は26日朝にかけて大雪に警戒が必要で、午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で山沿いで50センチ、平地で40センチとなっている。

県内全域で大雪による交通障害や低温による水道管や路面の凍結にも注意が必要だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加