「美しいプレーだった」南野拓実がチェルシー戦で決めた鮮烈弾に指揮官と同僚も心酔「ミナミノは最高だった」

「美しいプレーだった」南野拓実がチェルシー戦で決めた鮮烈弾に指揮官と同僚も心酔「ミナミノは最高だった」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/21
No image

値千金の先制ゴールを奪った南野をチームメイトたちが称えた。 (C) Getty Images

苦心続きだったチームに貴重な勝点をもたらす値千金のゴールが飛び出した。

現地時間2月20日に開催されたプレミアリーグ第25節のチェルシー戦で先発出場を飾ったサウサンプトンの南野拓実は、貴重な先制ゴールを決めた。

絶妙な駆け引きだった。スコアレスで迎えた33分、右サイドからボールを持ちだしたネイサン・レドモンドを見るや、チェルシー守備陣の間に出来たスペースに素早く走り込んだ南野は、フリーでボールを受けると一気に敵エリア内に侵入。何とか食い止めようと立ちはだかった相手DFのセサル・アスピリクエタとGKエドゥアール・メンディをキックフェイトでいなしてから、左足のアウトサイドで冷静にフィニッシュした。

後半にPKを献上して追いつかれながらも、76分に交代するまで奮闘を続けた南野を筆頭に強敵に気概を見せ、プレミアでの連敗を「6」で止めたサウサンプトン。小さくない手応えを掴んだチームには、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督も賛辞を惜しまなかった。試合後のフラッシュインタビューで、次のように語っている。

「相手がどれだけ強いかは分かっていたし、試合前から簡単ではないと思っていた。ボールをポゼッションできれば、もう少し良いシーンを作れたかもしれないから、そういう意味では十分ではない。だが、今日の彼らは素晴らしいカウンタープレスとスピードを持って、勇敢に戦ってくれた。とくにゴールシーンは我々が何度も試してきたプレーだったし、美しいものだった」

【動画】名将も絶賛した鮮やかな一撃!南野の移籍後2点目はこちら(54秒~)「得点の場面では、しばらくふさわしい結果を得られてなかったからかなり高揚した」と語った指揮官の期待に応えてみせた南野。その26歳にチームメイトも称賛を口にしている。英公共放送『BBC』の取材に「最高だったね」と興奮気味に応えたのは、見事なお膳立てをしたレドモンドだ。

「みんなが良く戦えていたと思う。でも、とくにミナミノは最高だったね。ゴールにつながるこれ以上にない動き出しで、彼を活かすことができた。ミナミノは加入してから常に最高で、高いクオリティを示し続けていると思うよ」

同僚からも褒め称えられた南野。リバプールから移籍後、プレミア3戦2発で完全にチームの信頼を勝ち取ったいうだ。この勢いをこのまま続けられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】衝撃の初ゴールと満面の笑み! サウサンプトン移籍後の南野拓実の厳選ショットは一挙公開!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加