入野自由、『元彼の遺言状』ゲスト出演 狩野英孝を参考にした“ナンバー3ホスト”役

入野自由、『元彼の遺言状』ゲスト出演 狩野英孝を参考にした“ナンバー3ホスト”役

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/05/14
No image

ドラマ『元彼の遺言状』に出演する入野自由<画像をもっとみる>

女優の綾瀬はるかが主演を務め、俳優の大泉洋が共演するドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話(5月16日放送)に、声優・俳優・歌手の入野自由が出演。ホストクラブで働く人気ナンバー3ホスト役を演じる。

【写真】ナンバー3ホスト・柴田勝家を演じる入野自由

本作は、奇妙な遺言状に導かれた敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)と作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉)が数々の不可解な殺人事件を追っていくリーガルミステリードラマ。原作は2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した新川帆立の同名小説。

第6話は、ナンバー1ホスト・織田信長の死を巡る戦慄(せんりつ)のミステリー事件を放送。殺害容疑をかけられたナンバー2ホスト・森蘭丸(味方良介)の弁護にあたる麗子がたどり着く衝撃の真実とは…? 弁護士、ホスト、神父が絡み合う複雑な人間模様と震撼(しんかん)必至の結末が描かれる。

そんな第6話で入野が演じるのは、被害者、容疑者と同じホストクラブで働く人気ナンバー3ホスト・柴田勝家。彼らが働くホストクラブ・戦国を訪ねてきた麗子を、入野演じる勝家が応対することになる。勝家は信長や蘭丸の近況や彼らの関係性などを麗子に伝える。すると、信長が蘭丸のことを実の弟のようにかわいがっていたことが分かって…。

入野が発するホスト調の軽妙なトークと、物語の鍵を握るシーンをどう表現するのかが見どころだ。

入野は「久しぶりのドラマ出演だったので、撮影前はとても緊張していましたが、綾瀬はるかさんをはじめとするドラマチームが作り出すすてきな現場の空気のおかげで、リラックスした状態で臨むことができました。ホストの宣材写真を撮る際に参考資料で見させていただいた写真は狩野英孝さんでした」とコメントしている。

ドラマ『元彼の遺言状』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時放送。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加