堀内恒夫氏、原監督が審判員に説明を求めたのは「当然のこと」

堀内恒夫氏、原監督が審判員に説明を求めたのは「当然のこと」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/07

(セ・リーグ、阪神6ー2巨人=七回裏終了降雨コールドゲーム、1回戦、阪神1勝、甲子園)七回裏終了降雨コールドゲーム。阪神が今季2度目の3連勝とした。二回に梅野の適時打と木浪の犠飛で2点を先制。三回は大山の適時打などで4点加えた。西勇が7回2失点で今季初白星。巨人はサンチェスが三回途中6失点と崩れた。

元巨人監督の堀内恒夫氏(73)はこの日、自身のブログで試合終了が告げられた際、巨人の原監督がグラウンドに出て、審判員に説明を求めたことについて、「原監督が審判団に説明を求めに行ったのは当然のことですよ」と理解を示していた。

No image

堀内恒夫氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加