衆院解散 総選挙へ 投開票31日 異例の短期決戦

衆院解散 総選挙へ 投開票31日 異例の短期決戦

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/10/14
No image

動画を見る(元記事へ)

国会では、衆議院が解散されました。衆議院選挙は、19日公示、31日投開票の日程で行われ、異例の短期決戦となります。

大島衆院議長:「日本国憲法第7条により、衆議院を解散する」

今の衆議院議員の任期は21日まででしたが、この解散をもって、全員失職しました。

今回の衆議院選挙は2017年10月以来およそ4年ぶりで、衆議院議員の任期満了後に投開票が行われるのは、現行憲法下では初めてのことです。

岸田総理大臣は夜、会見を開き、解散の理由などについて改めて国民に説明する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加