MF田中碧「もっと上手くなりたい」ドイツ戦で感じた“W杯効果”

MF田中碧「もっと上手くなりたい」ドイツ戦で感じた“W杯効果”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/25

日本代表は25日、ドーハ市内の練習場でトレーニングを行った。27日には1次リーグ第2戦コスタリカ戦。MF田中碧(デュッセルドルフ)は自身に芽生えた“W杯効果”を口にした。初戦ドイツ戦はスタメン。なかなか思うようなプレーはできなかったが「シンプルにもっと上手くなりたいと思った。そんな気持ちは新鮮で、心地が良かった。少年に戻った気持ち」という。「ドイツ相手にも圧倒的にボールを握るチームにしたいとか、個人としてもとんでもない選手になりたいと思えた。W杯という舞台がそうさせたかもしれない」と笑った。

No image

<サッカー日本代表練習>ボール回しに汗を流す(左から)長友、久保、南野、田中(撮影・西海健太郎)

田中碧ってどんな人?略歴、トリビアも!

コスタリカ戦へ向けては「個人としてはW杯1試合目じゃない。緊張感も分かる。力を抜いてできる」と本来のパフォーマンスが発揮できると手応え。「自分たちのやるべきことをピッチ内でどれだけできるか。やりたいことができるか。相手を考えすぎても良くないし、自信を持ってどれだけやれるか」とより前線に積極的に絡んでいくことを誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加