阪神ボーアが自由契約 高額年俸がネックに

阪神ボーアが自由契約 高額年俸がネックに

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

阪神ボーア(10月17日撮影)

阪神ジャスティン・ボーア内野手が20日、ウエーバー不請求による自由契約選手として公示された。

左の長距離砲として阪神に入団したボーアは、99試合に出場し、打率2割4分3厘、80安打、17本塁打、45打点の成績だった。高額年俸がネックとなって来季残留が厳しくなっており、退団が決定的となっていた。

今月7日に帰国した際は「タイガースファンは最高です。そして、素晴らしいチームメートたちとタイガースの一員としてプレーできたことを誇りに思います。もちろん、日本食はおいしく、この日本という国は最高です! たくさんの応援をありがとうございました」と球団を通じてコメントしていた。

◆ジャスティン・ボーア 1988年5月28日、米ワシントンDC生まれ。ジョージ・メイソン大から09年ドラフト25巡目でカブスと契約。14年にマーリンズでメジャーデビュー。15~18年は4季連続2桁本塁打で、MLB通算92発。メジャーでは一塁手。193センチ、122キロ。右投げ左打ち。今季の推定年俸は2億7500万円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加