『北の国から』、ラベンダーだけじゃない!「気球・ダイヤモンドダスト・神雪」冬の北海道・富良野「5つの魅力」

『北の国から』、ラベンダーだけじゃない!「気球・ダイヤモンドダスト・神雪」冬の北海道・富良野「5つの魅力」

  • BRAVO MOUNTAIN
  • 更新日:2022/01/15
No image

富良野スキー場をバックに浮かぶ熱気球(撮影:小松弘幸)

ドラマ『北の国から』や、ラベンダーで人気の北海道、富良野。夏は多くの人が訪れる有名な観光地だが、実は冬がとても楽しいことは意外と知られていない。冬にしか見れない景色や体験できないことが盛りだくさん、そんな冬の富良野の魅力を紹介しよう。

関連:■【画像】冬の富良野でしか楽しめない絶景とアクティビティ

■世界が認めた雪質「富良野スキー場」

富良野スキー場は国内のみならず、海外からも多くのスキーヤー、スノーボーダーが訪れる世界が注目するスキーリゾートだ。「世界一」と名高い北海道内陸部特有の乾燥した雪は、まるで空気のような全く抵抗を感じさせない極上のパウダースノーが堪能できる。11月下旬の初滑りからゴールデンウィークの春スキーまでと、シーズンも長い。富良野の市街地からも近く、車で10分走るとアフタースキーで観光を楽しむこともできる。

・住所:〒076-8511 北海道富良野市中御料
・TEL:0167-22-1111(新富良野プリンスホテル)
・アクセス:札幌から道央自動車道(札幌IC-三笠IC)・道道美唄富良野線(三笠IC-桂沢-富良野間)経由で114km(約2時間)。または、道央自動車道(札幌IC・滝川IC)・国道38号線経由で143km(約2時間20分)。

■上空1000mからの絶景体験「熱気球フライト」

轟音をあげ炎と共に飛び立つ「熱気球フリーフライト」は富良野の冬を代表するアクティビティの一つ。高度300〜1000mから富良野盆地を見下ろし、十勝岳連峰や夕張山地を眺めながらの空中散歩が楽しめる。山々に囲まれた盆地は天気が安定しやすく、畑が多く建物が密集していないため、まさに熱気球に適した環境と言える。熱気球は気象条件に大きく左右される乗り物。特に風の影響を受けやすく、風速2m程度の風でも飛行が困難になるため、早朝の風の穏やかな日限定の開催となる。気球の操縦方法は上下の移動のみ。高度ごとに変化する風向きをパイロットが読みながら舵取りを行う。行き先はその日次第、360度に広がる空からの絶景が楽しめる。

【富良野ネイチャークラブ】
・料金:大人1万5000円、小学生1万円
・住所:〒076-0034 北海道富良野市北の峰町10-22
・TEL:0167-22-1311
・料金:大人1万5000円、小学生1万円

■マイナス30℃の世界!「ダイヤモンドダスト」

晴れた朝、外を見ると雪は降っていないのに、陽の光に反射して何かがキラキラ光っていることがある。正体は「ダイヤモンドダスト」。空気中に含まれている水分が凍って光に反射する現象である。ダイヤモンドダストが発生する条件は2つ。「気温マイナス15℃以下」と、「太陽の光が差している」こと。冬の富良野は、マイナス20〜30℃まで冷え込むことがしばしばあるが、「放射冷却」という雲のない夜、地上の暖かい空気が空へ移動し、地上が冷やされる現象が要因となっている。つまり、星がきれいに見えた翌朝が晴れていれば、ダイヤモンドダストを見られる可能性は高い。

■雪の下で甘くなる!?「雪下キャベツ」

雪国で野菜を雪の中から掘り出している光景を見たことはないだろうか。これは野菜を冷凍保存しているわけではなく、雪国で暮らす人々の知恵がたっぷり詰まった貯蔵方法なのだ。雪の中と聞くと寒いと思われがちだが、気温マイナス25℃を下回る富良野でも、雪と地面の境目はほぼ0℃に保たれている。冷蔵庫に比べるとやや低温だが、このほどよい寒さが野菜の甘みを増加させる。「雪下キャベツ」は生で食べてよし、大きめに切ればポトフやロールキャベツなどの煮込み料理にもよく合う。地元の人から愛される「雪下キャベツ」、今まではなかった観光向けの収穫体験ツアーも行われているのでぜひチェックしたい。

・住所:〒076-0053 北海道富良野市東町9-5 ウレシパ・フラノ
・TEL:090-6261-9668

■冬だけ現れる村「ふらの歓寒村」

富良野スキー場を1日楽しんだ日暮れ、敷地内のライトアップされた鮮やかなイルミネーションに足を止める。冬の夜限定で現れる「ふらの歓寒村」だ。氷点下の夜だからこそ見ることのできる「凍るしゃぼん玉」や、北海道らしいヒグマやハクチョウの雪像、巨大な氷のカウンターがある「アイスカフェ」など、雪と氷と光の織りなす世界は、SNS利用者以外の人も思わず写真におさめたくなる美しさだ。アクティビティはスリル満点のスノーチュービングやスノーラフト、犬ぞり体験などがあり、スキーや観光で過ごした1日の締めくくりにおすすめだ。

・住所:〒076-8511 北海道富良野市中御料(新富良野プリンスホテル内)
・TEL:0167-23-3388(ふらの観光協会)
・開催期間:12月23日〜2月28日
・営業時間:16:00〜20:00
・入場料:300円、小学生以下無料

冬は常に氷点下の「極寒」の地、富良野でしか味わえない貴重な体験の数々。寒い日こそ野外へ、「極寒」の先にある感動をぜひ体感しよう。

実は夏以上に美しい「冬の美瑛」! マイナス20℃の世界で出会える「奇跡の絶景」

BRAVO MOUNTAIN編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加