岡山市立小・中学校の特別教室にエアコン設置へ 2025年6月までに整備完了予定

岡山市立小・中学校の特別教室にエアコン設置へ 2025年6月までに整備完了予定

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2022/11/25

岡山市は、夏の猛暑時の児童・生徒の学習環境を向上させようと、全ての市立小・中学校の特別教室にエアコンを設置する方針を決めました。

(岡山市/大森雅夫 市長)
「令和5年度(2023年度)予算に計上したのでは、令和7年(2025年)の夏には間に合わない。決断をした」

25日の定例記者会見で大森雅夫市長が明らかにしました。11月30日に開会する11月市議会に提案する補正予算案に盛り込んだもので、岡山市立小・中学校合わせて124校の理科室や音楽室などの特別教室にエアコンを設置します。

2023年度中に事業者を選定し、2025年6月までに整備を完了する予定で、事業費は3年間で6100万円を見込んでいます。

岡山市立の小・中学校では2020年の夏までに普通教室のエアコン整備が完了しています。

また、国が構築したシステムを活用して子育てに悩む家庭からの相談をLINEで受け付けるための委託料も補正予算案に計上しました。(事業費は2年間で3700万円)児童虐待の未然防止や早期発見につなげるもので、2023年2月からの運用を予定しています。

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加