元鹿島アントラーズ指揮官の石井正忠氏、タイ1部クラブと契約延長!今季リーグ戦で6位

元鹿島アントラーズ指揮官の石井正忠氏、タイ1部クラブと契約延長!今季リーグ戦で6位

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/05/03
No image

石井正忠 写真提供:Gettyimages

明治安田生命J1リーグの鹿島アントラーズや大宮アルディージャで指揮を執った過去を持つ石井正忠氏は、現在タイ1部のサムットプラーカーン・シティFCを率いているが、クラブとの契約期間を1年延長した。2日、タイメディア『サイアムスポーツ』が報じている。

石井正忠氏は1998年にアビスパ福岡でプレーした後に現役引退。古巣である鹿島アントラーズの下部組織やトップチームでコーチを務めると、2015年7月に鹿島アントラーズの指揮官に就任。クラブにナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)やJ1リーグ、天皇杯のタイトルをもたらしていたが、2017シーズン途中に成績不振に伴い解任。その後は大宮アルディージャを2018シーズン終了後まで率いていた。

同氏は2019年12月にサムットプラーカーン・シティFCの指揮官に就任。今シーズン(2020/21シーズン)は新型コロナウイルス感染拡大による中断期間がありながらも30試合を戦って14勝5分11敗、勝ち点47の6位という成績で終えていた。そしてクラブ首脳陣は石井正忠監督の手腕を高く評価すると、契約期間を2022年5月まで延長することで両者は合意に達している。

タイ国内屈指の有望株であるタイU-23代表MFジャルンサック・ウォンコーンをはじめ複数のタレントを抱える中、石井正忠監督はAFCチャンピオンズリーグへの出場権獲得を目指して来季に臨む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加