ソニー、ミラーレス一眼α搭載可能な撮影用ドローン「Airpeak S1」を発売

ソニー、ミラーレス一眼α搭載可能な撮影用ドローン「Airpeak S1」を発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

ソニーグループは6月10日、独自開発のモーターやプロペラ、制御システム、センシング技術を搭載した業務用ドローン、「Airpeak S1」を発売すると発表した。センシングによる障害物検知や自動飛行機能を備えており、機体や飛行情報をクラウド管理し安全な飛行を可能にしている。発売は2021年9月の予定で、価格はオープン価格。

KDDIが水空合体ドローンを開発 ‐ 自律飛行し遠隔で水中点検が可能

「Airpeak S1」は、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」搭載可能機種として世界最小クラスを実現している。最高速度90km/h、最大角速度180°/s、最大傾斜角度55°の性能を備えており、さらに最大20m/sの耐風性能を有する。

同社製のイメージセンサーが内蔵されたステレオカメラを機体の5方向に配置し、カメラ情報を同時に高速処理できるビジョンセンシングプロセッサと、独自のアルゴリズムを搭載している。それらの視界情報と、IMU(Inertial Measurement Unit)、コンパス、気圧、赤外線測距などのセンサー情報を統合し、周囲の空間をリアルタイムで認識する。

iOS/iPadOS対応のモバイルアプリ「Airpeak Flight」により、画面上で飛行距離やバッテリー残量などの状態確認、各種操作、設定変更が可能。「α」の映像をリアルタイムで確認しながら機体やカメラ、ジンバルを操作できる。

Webアプリ「Airpeak Base」は、機材管理や飛行プランの作成、フライトログの管理に対応している。事前に作成した飛行プランを使用した自動飛行も行える。さらに、過去に飛行したフライトログをもとに、飛行ルートとジンバル、カメラの動きを自動で再現可能となっている。

「Airpeak S1」は、2021年6月14日から16日に千葉県幕張メッセで開催される、ドローンの展示会、Japan Drone 2021に出展される予定。

熊谷知泰

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加