まだ発展途上。Jリーグが全力で挑む「統一フォント」の全貌

まだ発展途上。Jリーグが全力で挑む「統一フォント」の全貌

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2021/07/22
No image

セリエAが7月15日、フィールドプレーヤーの緑色ユニフォームの着用を2022-23シーズンから禁止すると発表した。ピッチの色との「見えにくさ」の解消、つまり「視認性」が理由のようだ。

Jリーグではこの「視認性」という課題に対応すべく、2021シーズンから「Jリーグオフィシャルネーム&ナンバー」を導入した。ユニフォームの背番号と選手名に全クラブ共通のオリジナルフォント「J.LEAGUE KICK(Jリーグ キック)」の使用が義務付けられることとなった。

コストのみならず、多大な労力そしてリスクを冒してまで導入に至った経緯や目的については『Jリーグの統一フォント導入から考える「スポーツxSDGs」』でお伝えしたが、今回はJリーグがいかに視認性の向上に取り組んだかに迫ってみたいと思う。

北欧のデザインファームの案を採用

視認性という気づきを起点に様々なリサーチを経て、まずは「世界最高水準のネーム&ナンバーをつくる」ための3つの柱を掲げた。

1. 誰もが公平に情報を認知できる観戦・視聴環境の構築推進

選手・審判・メディア担当のみならず、視力や色覚に特性を持った観戦者の方々にも適切な環境を提供する

2. 世界基準のレギュレーションへ準拠し、様々な大会で使用できる汎用性を獲得

Jリーグのクラブが国内FA大会・アジア・世界大会への参加する際にもそのまま使用できる汎用性を提供

3. 世界最高水準のデザイン品質で新たなJリーグブランドの構築に寄与

世界最高水準のタイプフェイス(フォント)デザイナーの起用/デザインのプロフェッショナルとの共同検討・審査を実施

これらの目標を具現化するために、北欧のデザインファーム、Kontrapunkt(コントラプンクト)社の案を採用。

No image

サッカーのカーブキックをモチーフにデザインされた「J.LEAGUE KICK」には、あえて文字のシルエットを画一的にせず1つ1つに人間味や個性を持たせたり、文字の端をなるべくオープンにすることで密度を緩和するなど、視認性を高めるための工夫が凝らされた。

このように、サッカーらしいアイデンティティを尊重しながらも、機能性と美しさを共存させるフォントが誕生した。ただ見やすさだけを追求するのではなく、海外でサッカーを見る人もこのフォントを目にすればJリーグを連想できるような、日本サッカーの新たなアイコンとなることを目指した。

デザインの検討と平行して行われたのが徹底的な視認性テストだ。NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)監修のもと、候補となる数種類のデザインをプリントしたシャツを着用したスタッフが実際にグラウンドで走ったり体操したり、あるいはコーナーキック等のセットプレーを想定した場面で競り合う等の動きを、グラウンドレベルだけでなく中継時の複数カメラアングルから確認して背番号の視認性を検証した。

雨に濡れたり汗をかいた時の色の変化まで細かく評価項目を設け、UEFAが掲げる指標である「50m離れても確認できる」をひとつの目安にしながら、最も読み間違えやすいとされる17番と38番を中心に厳しいチェックが行われた。

No image

また、実際のスタジアムでは検証しきれなかった日照条件の違いや逆光およびナイターでのシミュレーション等はCGを用いた検証が行われた。こうした様々な視認性テストを経て、最終的なデザインが決定された。

カラーの検討 5色を選定

デザインが決まったら、次は「J.LEAGUE KICK」の背番号がしっかりとユニフォーム上で視認できるカラーの検討だ。CUDOの助言をもとに協議の結果、背景色とのコントラストが出やすく、かつこれまでリーグのユニフォームで頻繁に使用されている<黒・白・赤・青・黄>の5色でデビューシーズンはスタートすることが決定した。

ちなみに赤も彩度によっては黒と似て見えるため、あらゆる赤系色の中から黒との見分けが付く赤で、なおかつ特定のクラブのチームカラーに寄らない中間色と言う条件をクリアする特別な赤を検出した。

No image

そして各クラブのユニフォーム上ではこの5色のうちどの色が適合するかをすべて検証し、クラブに推奨色を提示。実際のユニフォームデザインをリーグに提出する際には、カラー・コントラスト・アナライザーというアプリを用いて、生地色とネーム&ナンバーの色がコントラスト比3:1以上になるよう義務付けた。

また、青い数字には白の縁取りといったように、背番号カラーと明度差の大きい縁取りを付けることで、さらに視認性を向上させるよう努めた。

No image

難航したクラブとの調整 ファンからも批判

リーグ統一フォントの導入をクラブに伝えた当初、ネーム&ナンバーの視認性を高めることの重要性については理解を得つつも、やはりクラブのアイデンティティでもあるフォントをいわば強制的にリーグで統一することには少なからず抵抗があった。

クラブ設立時からずっと同じフォントをこだわって使っていたクラブや、リブランディングに高額の費用をかけたクラブもあった。抵抗を覚えたのはファンも同様で、ネット上にはクラブを愛するが故のネガティブな声やリーグへの批判があふれた。

リーグの担当者も、クラブの歴史を奪ってしまうことにもなるのを重々理解しており、そこには深い葛藤があったという。しかしながら、Jリーグが目指すビジョンの実現に必要な改革であると、各クラブとの丁寧なコミュニケーションを重ね、協力を仰いだ。

また、クラブのユニフォームには無地だけではなく、柄やパターンが入っているものなど様々あり、1つ1つの細かい問合せに対応して検討を重ね、クラブの意志を尊重しながら視認性に問題が生じないよう最大限考慮した。こうした地道な積み重ねの上に、ようやく全クラブのフォントカラーが決定した。

Jリーグの視認性への対応はネーム&ナンバーのフォントだけに留まらない。シーズン開始前、Jリーグに所属する全クラブはあらかじめ対戦カードごとにどのユニフォームを着用するかの「ユニフォーム使用計画」を策定するのだが、ここにも対応が求められた。

各クラブはフィールドプレイヤーとGKそれぞれホーム、アウェイ、3rdと3種類のユニフォームを持っており、計6種類のパターンがある。その中から、都度対戦相手と見分けが付く組み合わせをチョイスし、さらには審判も両クラブとの違いが明確になるカラーリングを選択する必要がある。

前編でお伝えした通り、色の識別が難しい色覚特性を持つ人の多くには、一般色覚の人からはコントラストが強く見分けやすいと思われている赤と緑がほぼ同色に見えてしまう。過去には一般色覚をもつ担当者が主観的な判断で良し悪しを決めることもあったというが、今シーズンはシミュレーター等を用いた客観的なデータを基に視聴にストレスがないか、一つ一つの組み合わせを入念にチェックし、全57クラブのユニフォーム使用計画が策定された。

No image

導入元年開幕 反響は?

デザインの検討、カラーの検討、さまざまな課題を乗り越えてついに「オフィシャルネーム&ナンバー導入元年」のJリーグが開幕した。

実際にユニフォームを着用する選手の姿を見たファンからは、当然すべてが肯定的な意見ばかりではないが「統一フォント見やすい」「賛否あった縁取りも効いてる」といったポジティブな反響が、スタジアム観戦派からもデジタル映像観戦派からも多数届いた。関係者の努力が報われた瞬間だろう。

一方で、実際に試合が行われてみて初めて見えた改善点もある。たとえば、背番号とユニフォーム地のコントラストは、デザイン画の時点では良好と判断されても、実際の生地の発色がデータのイメージと異なったがためにコントラスト比が低下、背番号の視認性が落ちてしまったという事象が発生した。同様に、布地の柄パターンやグラデーション、あるいはメッシュ地などの素材によっては、図面データでの視認性と実物が必ずしも一致しないことも分かった。

No image

対戦相手との識別において、イエローのユニフォームと白のユニフォームが平常時はしっかり見分けられても、日の光に反射した時に競り合うシーンでは見分けが付きにくいという状況も起こった。また、色覚特性によっては赤と緑は区別が難しいので避けるという判断をしていたものの、デザイン画ではオレンジと認識していたユニフォームの実際の発色がより赤に近く、結果として緑と非常に見分けが困難になってしまったという例もある。

ナンバーについても、数字単体で見れば問題ないが、7の下にネームが入ることで遠目で見ると2と似たシルエットに見えてしまう、はたまた4と9が見分けにくい等の指摘もあり、改善の余地が見られた。

No image

Jリーグで「J.LEAGUE KICK」を担当するクリエイティブオフィサーの橋場貴宏氏は「まだまだ発展途上」と話しており、来季以降に向けて更なる課題の洗い出しとそれぞれの改善策を講じていく意向だ。ぜひその内容・プロセスも公開し、スポーツにおける視認性向上の取り組みから、日常生活あらゆる場面での多様性の尊重へと広がっていくことを先導していってほしい。「スポーツができること」「スポーツでできること」はまだまだ社会に街中にあふれているはずだ。

中澤薫◎ITベンチャーでのBtoB営業やPR等を経て、ニューヨーク大学大学院へフルブライト奨学生として国費留学(スポーツビジネス修士)。NYのスポーツマーケティングコンサルファームで経験を積み、帰国後はプロリーグや非営利団体等複数のスポーツ組織において主にマーケティング業に従事する傍ら、フリーライターとしても活動。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加