「夢を持つことと努力の大切さ」現役サガン鳥栖選手が中学生に"道しるべ"【佐賀県】

  • SAGATVニュース
  • 更新日:2022/11/25

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

ワールドカップの日本代表を輩出しているサガン鳥栖が、中学生に道しるべです。佐賀市でサガン鳥栖の選手が「夢を持つことと努力の大切さ」を生徒に語りました。

【パク・イルギュ選手】

「自分の好きな事がずっとできるように努力だけは誰よりもしている自信はあります」

この取り組みは、進路に迷う時期の中学生に、プロ選手が自身の経験を語ることで、夢と努力の大切さを伝えようと佐賀市が開いています。

25日は諸富中学校にサッカーJ1サガン鳥栖で活躍するパク・イルギュ選手と、岡本昌弘選手が訪れ、2年生約80人に思いを伝えました。

【岡本昌弘選手】

「もう無理、じゃなくて前のめりに突っ込んでいきたいんですよね。そのくらいなんか、やれることを全てやるというか」

【男子生徒】

「自信持っててすごいなと思いました。失敗を恐れず、どんどん頑張って行こうと思いました」

【女子生徒】

「背中で引っ張ったり口で引っ張ったりするっていう話を言われてたので、そういう姿を部員の皆に見せたりとか、もちろん自分の事も怠らずに頑張って努力していきたいと思います。」

質疑応答では生徒に「試合で緊張しない方法は」と問われたのに対し、「緊張しても無意識でプレーできるように練習することが大事」と応じていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加