パナソニックNETS、改正電子帳簿保存法に準拠した証憑電子保管サービスを10月より販売

パナソニックNETS、改正電子帳簿保存法に準拠した証憑電子保管サービスを10月より販売

  • クラウド Watch
  • 更新日:2022/06/23

パナソニック ネットソリューションズ株式会社(以下、パナソニックNETS)は23日、改正電子帳簿保存法に準拠した証憑電子保管サービス「MAJOR FLOW Z CLOUD 証憑保管」を発表した。販売開始は10月1日を予定している。

MAJOR FLOW Z CLOUD 証憑保管は、スキャナやスマートフォンで読み取った領収書、請求書などのデータ、電子取引で受領した電子データをクラウドにアップロードして保管・管理するサービス。

2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法では、電子取引で受領したデータの電子保存が義務化された(2年間は猶予期間)が、同サービスは改ざん防止機能や検索機能を備えており、改正電子帳簿保存法の要件である「真実性の確保」と「可視性の確保」を満たしているため、各種証憑の電子データを安心して保管できるという(JIIMA認証も取得予定)。

No image

また、領収書や請求書のAI-OCR機能を提供。スキャンした保存データに対する、画像の解像度要件チェック機能も搭載した。なお、請求書AI-OCRは有償オプションだが、領収書AI-OCRは標準機能として提供され、契約容量の範囲内であれば、利用回数にかかわらず、一律料金で何度でも文字解析を行えるとのこと。

さらに、対象書類は領収書や請求書だけでなく、見積書、納品書など、全ての証憑の保管をサポートし、それぞれの証憑を関連付けできるので、請求書とそれにひも付く納品書、注文書控え、見積書といった、関連する書類をひとまとめにして管理できる点も特徴とした。

No image

なお、パナソニックNETSの経費精算サービス「MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算」「MAJOR FLOW Z KEIHI」を利用している企業は、MAJOR FLOW Z CLOUD 証憑保管と連携オプションで接続することにより、申請書データへの取り込みが可能となる。

MAJOR FLOW Z CLOUD 証憑保管の参考価格は、50GBまでの基本料金が月額5000円で、容量追加は10GBあたり月額1000円となる。また請求書AI-OCRオプションは、300回までで月額5万円、回数追加は100回あたり月額1万円。MAJOR FLOW Zの連携オプションは月額1万円となる。

石井 一志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加