筒香、先制適時打で初打点もレイズ4連敗「いい野球ができていない」と監督

筒香、先制適時打で初打点もレイズ4連敗「いい野球ができていない」と監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

レッドソックス戦に出場したレイズ筒香(ロイター)

<レッドソックス9-2レイズ>◇7日(日本時間8日)◇フェンウェイパーク

レイズ筒香嘉智外野手(29)がレッドソックス戦に「1番一塁」でフル出場し、今季初打点となる先制適時打を放った。

3回2死二塁、快速右腕イオバルディの148キロのスプリットを中前へ運んだ。その他の打席は凡退し、4打数1安打1打点。試合は、レイズが逆転負けを喫し、開幕2連勝後は4連敗。

キャッシュ監督は「確かに言えるのは、ここ数日、我々がいい野球ができていないということ」と、厳しい表情で話した。休養日を挟み、9日(同10日)の本拠地開幕戦から仕切り直すことになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加