香川真司、62分からの途中出場。4得点快勝のPAOKは連勝で2位浮上

香川真司、62分からの途中出場。4得点快勝のPAOKは連勝で2位浮上

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/21
No image

【写真:Getty Images】

【PAOK 4-0 ラミア ギリシャ・スーパーリーグ第23節】

ギリシャ・スーパーリーグ第23節、PAOK対ラミアが現地時間21日に行われた。ホームのPAOKが4-0の勝利を収めた。

PAOKに所属するMF香川真司はベンチスタート。62分からの途中出場を果たし、5試合連続の出場となった。

先制したのはPAOK。ツォリスからの縦パスを受けたラーマン・ババが反転からシュート。これがゴールに吸い込まれた。後半開始早々の48分、スルーパスに抜け出したツォリスが右足のシュート。これがゴール左に決まり、PAOKが2点のリード。

続く51分にはワルダがゴールを決め、PAOKが3点リードに広げる。そして62分、香川が投入される。さらに66分、ジヴコヴィッチのゴールでPAOKが4点目を決めた。

試合はこのまま終了。PAOKが4-0の快勝。PAOKは連勝で2位浮上となった。

【得点者】
18分 1-0 ラーマン・ババ(PAOK)
48分 2-0 ツォリス(PAOK)
52分 3-0 ワルダ(PAOK)
66分 4-0 ジヴコヴィッチ(PAOK)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加