栗原、圧巻の4打点 巨人のエース、菅野を攻略―プロ野球・日本シリーズ

栗原、圧巻の4打点 巨人のエース、菅野を攻略―プロ野球・日本シリーズ

  • 時事通信社
  • 更新日:2020/11/21
No image

2回、先制2ランを放つソフトバンクの栗原=21日、京セラドーム

頂上決戦の初戦は、今季飛躍した24歳の独り舞台だった。ソフトバンクの高卒6年目、栗原が先制2ランを含む3安打4打点で巨人の菅野を攻略した。

二回無死一塁、カウント2ボール。菅野が初球から3球続けたスライダーが、内角やや高めに浮いた。迷わず振り抜くと、打球は高々と上がって右翼へ。シリーズ初安打は先制2ランになった。

「緊張していたので何も考えられなかった。何とか先制点が取れてよかった」。四回にも二塁打を放つと、六回には持ち味の勝負強さが出た。

2死一、三塁の好機。「しっかり集中して打ちにいけた」。外角中心の配球に対応し、4球目の浮いたフォークを左中間にはじき返した。走者2人をかえし、貴重な追加点を奪った。

捕手登録だが、打力を買われて外野の定位置をつかんだ。シーズンの打率は2割4分3厘ながら、得点圏では3割3分3厘に上がる。チームトップの柳田に次ぐ73打点を挙げ、3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

チームは2018年の第3戦から、日本シリーズ新記録の9連勝となった。「(栗原は)素晴らしい活躍だった。何があっても一喜一憂せず、力を合わせてあしたの試合を勝てるように」と工藤監督。4連覇達成へ、勝利だけを追い求める。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加